Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

デプロイの承認ポリシー

本機能の提供について

必要な権限: 「グローバル承認ポリシーを管理できる」

デプロイ関連のアクティビティのグローバル承認ポリシーを作成して、DataRobot全体で効果的なガバナンスと制御を行うことができます。承認ポリシーは、DataRobotのデプロイが生成され、所定の必要なガードレールに従って安全に使用されることを保証します。

管理者は、ポリシーの作成を、承認ポリシーページから行うか、既存のポリシーをテンプレートとして使用することによって行うことができます。ポリシーを作成した後、さまざまなアクションを実行して承認ポリシーを管理できます。

承認ポリシーの作成

新しいデプロイ承認ポリシーを作成するには、自分のユーザーアイコンをクリックして承認ポリシーページに移動します。このページには、アプリ管理者ページからアクセスすることもできます。

新規ポリシーを作成

新しい承認ポリシーを作成するには、新規ポリシーを作成を選択します。

新しい承認ポリシーの必須フィールドに入力します。

  1. ポリシートリガーを選択します。これはレビュアーの承認ワークフローをトリガーするデプロイイベント(デプロイの作成と削除、有用性の変更、およびモデルの置換)です。また、イベントが承認ポリシーをトリガーするために必要な有用性レベル(クリティカル、高、中、低、任意、または中以上のすべてのレベル)を指定する必要もあります。

  2. 承認ポリシーをトリガーできるユーザーグループを追加します(オプション)。グループ名を入力して、追加するグループを選択します。グループを指定しない場合、ポリシーはすべてのユーザーに適用されます。

  3. レビュアーを割り当てます(オプション)。これはポリシーがトリガーされたときにデプロイイベントをレビューして承認することや変更の要求を行うことのできるユーザー(またはグループ)です。レビュアーとして追加されたユーザーはポリシーをトリガーする各デプロイにアクセスでき、レビューがリクエストされたときに通知を受け取ります。すべてのMLOps管理者にはデフォルトでレビュー権限があり、何も指定されていない場合はレビュアーとして機能します。

  4. レビュアーのリマインダー設定を構成します。

    トグルを使用して以下の設定を行います。

    • レビュアーにリマインダーを自動的に送信します。リマインダーの頻度を設定します(12時間おき、24時間おき、3日おき、または7日おき)。
    • デプロイイベントをレビューしない場合は、自動アクションを割り当てます。適用するアクションとアクションを適用するタイミングを選択します。たとえば、レビューのリクエストから7日以内にイベントがレビューされなかった場合は、モデルの置換をキャンセルできます。
  5. ポリシーに名前を付けます。新しい承認ポリシーの設定を構成したら、ポリシーを保存するをクリックします。

保存された承認ポリシーは、承認ポリシー ページに表示されます。

テンプレートを使用したポリシーの作成

承認ポリシーは、新しいポリシーのテンプレートとして使用できます。テンプレートを使用するには、テンプレートからポリシーを追加するを選択します。

以下のポリシーはデフォルトで提供されており、ポリシートリガーとして使用できる4つのデプロイイベントをカバーしています。

  1. テンプレートとして使用するポリシーを選択し、アクションヘッダーの下にあるコピーアイコンをクリックします。

  2. ポリシーの作成ページが表示されます。ポリシー、レビュアー、およびリマインダー設定をトリガーするユーザーグループは、既存のテンプレートポリシーから引き継がれます。新しいポリシートリガーを指定する必要があります。ポリシーを適用するグループをリストします(オプション)。

  3. フィールドに入力してポリシーを保存するをクリックします。テンプレートを使用して作成された新しいポリシーは、承認ポリシーページに表示されます。

承認ポリシーのアクション

作成したポリシーは、編集一時停止、および削除できます。

既存のポリシーの編集

既存のポリシーの設定を編集するには、承認ポリシー ページで目的のポリシーにアクセスします。変更するフィールドの上にカーソルを置き編集を選択します。

フィールドを編集した後、変更を保存をクリックして編集した内容を適用します。

ポリシーの一時停止

ポリシーを一時的に無効にする場合は、承認ポリシーページから設定を行うことができます。アクションヘッダーの下にある一時停止アイコン()を選択します。このアイコンを選択すると、一時停止アイコンが再生アイコン()に変わります。このアイコンを選択すると、ポリシーが再度有効になります。

ポリシーの削除

アクションヘッダーの下にあるごみ箱アイコンを選択すると、承認ポリシーを恒久的に削除できます。

削除の確認を求めるプロンプトがモーダルに表示され、ポリシーを削除するとポリシーに対して設定されている自動アクションが承認を待っているすべてのデプロイに自動的に適用されることを注意します。自動化されたアクションが設定されていない場合、デプロイを手動で解決する必要があります。はい、ポリシーを削除しますを選択して削除操作を確認します。削除した承認ポリシーは、承認ポリシーページに表示されなくなります。


更新しました February 22, 2022
Back to top