Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

保存されているデータ認証情報

本機能の提供について

この機能は、オンプレミス(オンプレミスAIクラスター、プライベートAIクラウド、ハイブリッドAIクラウド)ではデフォルトでオフになっています。有効にする場合は、システム管理者またはサポートに連絡してください。この機能は、マネージドAIクラウドではデフォルトで有効になっています。

セキュアなデータソースにアクセスする必要がある場合があるので、DataRobotでは、関連付けられた資格情報を安全に保存して再使用するためのオプションが提供されています。この機能は、セキュアなソースにアクセスする必要のある自動化ワークフローを使用する場合や、個々の認証が必要なテーブルやソースを多数組み合わせる場合に認証をスキップする場合などに特に便利です。保存された認証情報を削除することもできます。資格情報の管理ページから保存されたすべての認証情報を管理することができます。

保存された認証情報は、プロンプトが表示される以下のようなときに利用できます。

資格情報管理

このセクションでは、資格情報の追加、編集、削除、および関連するデータ接続の管理について説明します。このペ資格情報にアクセスするには、ユーユーザーアイコンをクリックして、資格情報の管理ページに移動します。

新規認証情報の追加

資格情報管理 ページから+新規を追加をクリックします。

ユーザー名とパスワード、およびその組み合わせを識別するラベル(アカウント名)を入力し、保存してサインインをクリックします。認証情報のエントリーが左側のパネルで利用できるようになります。

関連する接続を追加をクリックし、データ接続を追加します。

資格情報に関連付けられたデータ接続を選択し、接続をクリックします。

資格情報の変更

資格情報が関連付けられたアカウントを削除するには、左側のパネルから目的のアカウント名を選択します。次に、右上隅にある削除をクリックします。

資格情報を削除するには、左側のパネルから目的のアカウント名を選択します。

右上隅にある資格情報の編集をクリックし、ユーザー名、パスワード、またはアカウント名を変更します。

関連するフィールドを変更して、保存してサインインをクリックして、変更を適用します。資格情報を編集すると、関連付けられたすべてのデータ接続の資格情報が更新されます。

関連付けられた接続の管理

資格情報を選択すると、関連付けられたすべてのデータ接続が右側に表示されます。

資格情報管理ページでは、関連付けられた新しい接続を追加し、既存の関連付けを削除できます。関連付けられた資格情報のすべてのデータ接続を削除する場合は、資格情報を削除するように求めるメッセージが表示されます。資格情報を削除するか、関連付けられた接続なしで資格情報を維持することができます。

データ接続での資格情報の管理

資格情報は、資格情報管理ページだけでなくデータ接続ページからも追加および編集できます。このページにアクセスするには、自分のユーザーアイコンをクリックしてデータ接続ページに移動します。

保存された資格情報の作成

データ接続を選択し、接続をテストをクリックします。

新しい資格情報を入力し、資格情報を安全に保存をクリックします。(オプション)アカウント名を入力して、保存してサインインをクリックします。

資格情報をクリックし、+新規を追加をクリックすることもできます。

保存された認証情報の使用

目的のアカウントを選択します。DataRobotによって適切なアクション(この例ではデータ接続からAIカタログへのデータの追加)がすぐに開始されます。

別の資格情報を使用するには、別のアカウントを使用するを選択します。

保存された資格情報の変更

データ接続タブで、資格情報が関連付けられている接続を選択し、資格情報タブをクリックして編集アイコン()をクリックします。

資格情報を編集するには、資格情報が関連付けられている接続を選択し、資格情報タブをクリックして削除アイコン()をクリックします。


更新しました April 15, 2022
Back to top