Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Ready Signal と時系列予測を用いた木材価格の予測

GitHubでこのAIアクセラレーターにアクセス

このアクセラレーターでは、時系列予測の精度を高めるために、Ready Signal から外部データを取り込む方法を説明します。

Ready Signalは、AIによって駆動されるデータプラットフォームで、予測モデリング、実験、ビジネスインテリジェンス、その他のデータエンリッチメントニーズに対する500以上の正規化された、集約された、自動的に更新されるデータソースへのアクセスを提供します。 データカタログには、マイクロ/マクロ経済指標、労働統計、人口統計、天気などが含まれます。 そのAI推薦エンジンと自動フィーチャーエンジニアリングの機能により、既存のデータパイプラインや分析ツールとの統合が容易であり、関連するサードパーティデータの活用を加速し、強化します。

ここでは、DataRobotが、ターゲット変数との相関に基づいてReadySignalによって自動的に特定された最も関連性の高い外部データを組み合わせて木材価格を予測する例を提供しています。 このワークフローは、任意の時系列予測プロジェクトに適用可能です。

Ready SignalとDataRobotが共同であなたの時系列プロジェクトを支援する方法についてもっと知りたい場合は、Matt Schaefer(matt.schaefer@readysignal.com)または著者リストに記載されている他の誰かにお問い合わせください。


更新しました February 20, 2024
Back to top