Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

What-ifアプリを使用した需要予測

GitHubでこのAIアクセラレーターにアクセス

需要予測のwhat-ifアプリは、事前に既知の特定の特徴量値を調整して、これらの要因の変化が予測された需要にどのように影響するかを確認できます。

調整可能な要因としては、マーケティングキャンペーン、価格設定、季節性、競合他社の活動などがあります。 アプリを使用してさまざまなシナリオを探索し、主要な入力を調整することで、将来の需要に関する、より精度の高い予測を行い、それに応じて計画を立てることができます。

このアプリは、需要予測に関する三部作の第三弾です 最初のアクセラレーターは、一般的なデータおよびモデリングの課題の処理に焦点を合わせ、実際の時系列データでよくある落とし穴を特定し、実験をスケーリングするヘルパー関数が得られます。 2番目のアクセラレーターからは、履歴が限られている系列または履歴のない系列のコールドスタートモデリングワークフローの構築ブロックが得られます。 これらは、アプリのモデルデプロイを作成するための開始ポイントとして使用できます。


更新しました February 20, 2024
Back to top