Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

DataRobotブループリントワークショップ

DataRobotのブループリントワークショップは、プログラムマティックインターフェイスを利用してDataRobotのブループリントを構築および変更すると自然で便利、かつ強力に行えるように構築されています。 ブループリントワークショップを始めるには、次の表で詳しく説明するトピックを参照してください。

このドキュメントのいくつかの例は、 DataRobotのPythonクライアントからのメソッドを参照します。

トピック 内容...
ブループリントワークショップのセットアップ ブループリントワークショップを使用するために必要な初期セットアップ。
ブループリントワークショップの概要 ワークショップの機能の概要。
特徴量をタスクに渡す 1つまたは複数の特定の特徴量を別のタスクに渡す方法。
ブループリントワークショップAPIリファレンス ブループリントワークショップAPIの全概要。

ブループリントワークショップの使用方法を説明するドキュメントに加えて、DataRobotは一般的な使用方法を示すコード例があります。

トピック 内容...
ワークショップのウォークスルーノートブック 基本的なブループリントワークショップ機能のワークフローの例。
高度な特徴量選択ノートブック プロジェクトのデータセット内の特定の列をタスクへの入力として参照する方法。
カスタムタスクのノートブック 既存のカスタムタスクでブループリントを作成する方法。

更新しました September 28, 2023
Back to top