Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

経時変化チャート(OTV)

時間経過チャートでは、元のモデリングデータと派生データの両方でプライマリ日付/時刻特徴量で特徴量がどのように変化するかを表示することによって、トレンドと潜在的なギャップを識別できます。 チャートは、すべての時間認識プロジェクト(OTV、単一系列、および複数系列)で使用可能です。 時系列の場合、ユーザー設定の各予測距離に使用できます。 See also Understand a feature's Over Time chart.

ページのツールを使用して、特定の時間範囲にフォーカスできます。 OTVと単一系列プロジェクトのディスプレイオプションは、複数系列のオプションとは異なります。 時間経過チャートを表示するには、最初にチャートデータを計算する必要があります。 計算が完了したら、次の操作を行います。

  1. チャートの粒度を設定します。 解像度オプションはDataRobotによって自動検出されます。 全てのプロジェクトタイプで解を設定できます(複数系列プロジェクトの場合、このオプションは追加設定にあります)。

  2. ヒストグラムの表示と非表示を切り替えて、EDA1で使用されているビンを視覚化します。

  3. チャートの下にあるデータ範囲スライダーを使用して、時間プロットの特定の範囲をハイライトします。 小さいデータセットの場合、選択された部分にスライダーをドラッグできます。 大きいデータセットでは、ブロックページネーションが使用されます。

  4. 複数のプロジェクトについて 、予測距離と個々の系列(または系列間の平均)の両方をプロットするように設定できます。

時系列プロジェクトの場合、データページには派生した特徴量の作成プロセスを理解するのに役立つ特徴量の系統チャートも用意されています。


更新しました December 21, 2022
Back to top