Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Data Prep用のAmazon DyneroDBコネクター

ユーザーペルソナ:Data Prepユーザー、Data Prep管理者、データソース管理者、またはIT/DevOps



備考

この文書は、コネクターの設定中に利用できるすべての構成フィールドについて論じています。一部のフィールドは、設定の以前の手順で管理者によってすでに入力されている場合があり、表示されない場合があります。Data Prepのコネクターフレームワークの詳細については、Data Prepコネクターのセットアップを参照してください。また、管理者がデータソースのリストでこのコネクターに別の名前を付けている場合もあります。

Data Prepの設定

このコネクターを使用すると、Amazon DynamoDBに接続して、ライブラリのインポートを行うことができます。次のフィールドを使用して、接続パラメーターを定義します。

一般

  • 名前: UIでユーザーに表示されるデータソースの名前。
  • 説明: UIでユーザーに表示されるデータソースの説明。

ヒント

Data Prepを複数のDynamoDBアカウントに接続できます。わかりやすい名前を使用すると、ユーザーが適切なデータソースを識別する上で非常に役立ちます。

Webプロキシ

プロキシサーバーを介してDynamoDBに接続する場合、これらのフィールドでプロキシの詳細を定義します。

  • Webプロキシ:プロキシが不要な場合は [なし]を選択し、プロキシサーバー経由で DynamoDBに接続する必要がある場合は「プロキシ」を選択します。Webプロキシサーバーが必要な場合、プロキシ接続を有効にするには以下のフィールドが必要です。
  • プロキシホスト:Webプロキシ サーバーのホスト名またはIPアドレス。
  • プロキシサーバー:データソースのプロキシサーバー上のポート。
  • プロキシユーザー名:プロキシ サーバーのユーザー名です。
  • プロキシ パスワード:プロキシサーバーのパスワード。

    備考:認証されていないプロキシ接続の場合は、ユーザー名とパスワードを空欄にしてください。

AWS の構成

  • AWSリージョン:DynamoDB APIにリクエストを送信する際に使用するリージョンを選択します。
  • AWS 認証タイプ: このオプションで AWS の認証方法を指定します。
    • AWS 資格情報:ユーザーのAWSアクセスキーに関連付けられているアクセスキーIDとシークレットキーの入力を各ユーザーに要求します。これはデフォルトの設定です。詳細については、AWSセキュリティ認証を参照してください。
    • インスタンスプロファイル(IAMロール):このテナント内のすべてのユーザーを、個別の認証なしにAWSにアクセスできるようにします。この認証方法は、AWS VPCにデプロイされた顧客のみが利用でき、この種の認証を許可するように設定されたEC2サーバーを備えています。このアプローチの詳細については、インスタンスプロファイル(IAMロール)を使用してAmazon EC2上のAWSリソースへのアクセスを許可するを参照してください。

備考

このコネクターは、EC2サーバーインスタンスから認証情報を自動的に取得します。

DynamoDBテーブル設定

サンプル項目: インポートするテーブルのスキーマを決定する際に使用するレコードの数(従来のリレーショナルデータベースの「行」に相当)を指定します。

備考: DynamoDBはリレーショナルデータベースではありませんが、Data Prepはインポート時にすべてのデータを表形式に変換します。 これを行うために、Data PrepはDynamoDBテーブル (DynamoDBはドキュメントデータベース) の最初のn個のドキュメントを調べ、それらの属性を列として扱うことができるように、どの属性が存在するかを判断します。「サンプル項目」の値は、参照するドキュメントの数を決定します。

データインポート情報

ブラウジング経由

指定されたAWS地域のダイナモDBのテーブルは、インポートのために用意されています。

SQLクエリー経由

サポートされていません。

FAQ /トラブルシューティング / 一般的な問題

特定の権限はダイナモDBのからデータをインポートするために必要とされています。以下の権限になります。

  • dynamodb:ListTables
  • dynamodb:Scan

更新しました February 22, 2022
Back to top