Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Data Prep用のDataRobotコネクター

ユーザーペルソナ:Data Prepユーザー、Data Prep管理者、またはデータソース管理者



備考

この文書は、コネクターの設定中に利用できるすべての構成フィールドについて論じています。一部のフィールドは、設定の以前の手順で管理者によってすでに入力されている場合があり、表示されない場合があります。Data Prepのコネクターフレームワークの詳細については、Data Prepコネクターのセットアップを参照してください。また、管理者がデータソースのリストでこのコネクターに別の名前を付けている場合もあります。

Data Prepの設定

このコネクターを使用すると、DataRobotに接続して、ライブラリのインポートとエクスポートを行うことができます。また、この接続によって、Data Prepから直接DataRobotプロジェクトを作成してアクセスすることもできます。

次のフィールドを使用して、接続パラメーターを定義します。

一般

  • 名前:UIでユーザーに表示されるデータソースの名前。

  • 説明:UIでユーザーに表示されるデータソースの説明。

ヒント

Data Prepを複数のDataRobotアカウントに接続できます。わかりやすい名前を使用すると、ユーザーが適切なデータソースを識別する上で非常に役立ちます。

DataRobotの設定

  • サーバーのURL:DataRobotのサーバーURL。(https://app.datarobot.comなど)

認証設定

  • 認証タイプ:使用する認証タイプを選択:

    • APIキー
      • キー:DataRobot APIキー
    • ユーザー資格情報

      • Eメール:DataRobotで認証するためのEメールまたはユーザー名。

      • パスワード:DataRobotで認証するためのパスワード。

        • 注意:多要素認証はサポートされていないため、エラーが発生します。

データのインポート/エクスポート情報

ブラウジング経由

  • AIカタログからインポートするには、AIカタログオプションを選択して使用可能なすべてのデータセットを表示します。目的のデータセットを選択してプレビューを表示し、インポート設定を調整します。

備考

インポート中に、AIカタログからデータセットをダウンロードする権限がないことを示すエラーが表示された場合は、DataRobotで設定を調整する必要があります。DataRobotにログインして、右上のユーザーアイコン設定オプション製品AIカタログのダウンロードを有効化保存をクリックします。その後でDataRobot Data Prepに戻って続行します。

  • AIカタログからエクスポートするには、AIカタログオプションを選択してから、選択するをクリックします。データセットに名前を付けてエクスポートをクリックします。

  • データセットをDataRobotに直接エクスポートし、1つのステップでプロジェクトを作成するには、DataRobotプロジェクトの作成を参照してください。

SQLクエリー経由

サポートされていません

FAQ/トラブルシューティング/一般的な問題

DataRobotで生成したモデルをエクスポートし、データが存在する場所でそのコードを実行したい場合はどうすればよいでしょうか?

Data Prepには50を超えるその他のコネクターがあり、準備されたデータを適切な場所に送信できる可能性があります。Data Prepが必要なサービス/ストレージの場所への接続をサポートしていない場合は、カスタマーサクセス担当者までお問い合わせください。

データセットをインポートできない理由

  • 問題1:Data Prepは、DataRobotのAIカタログとのインテグレーションを設計しており、「スナップショット」データセットのインポートのみをサポートします。「スナップショットされていない」データセットに含まれるデータは、実際にはDataRobotに保存されず、使用時に取得されます。Data Prepの場合、DataRobotがデータソースからデータセットを完全にインポートした後、Data Prepがそのデータセットのインポートを開始することを意味します。「スナップショットされていない」データセットの場合は、データソースからData Prepに直接データをプルする方がはるかに効率的です。データセットが「スナップショット」かどうかを判断するには、AIカタログに移動し、問題のデータセットを選択して、右側のパネルの[ステータス]を確認します。

  • 問題2:AIカタログからデータセットをダウンロードする権限がないことを示すエラーが表示された場合は、DataRobotで設定を調整する必要があります。DataRobotにログインして、右上のユーザーアイコン > 設定 > オプション製品 > AIカタログのダウンロードを有効化 > 保存をクリックします。その後でDataRobot Data Prepに戻って続行します。

  • []問題3:「のマッピングが見つかりませんでした。のいずれかが必要です」というエラーが表示された場合は、DataRobotの設定を調整する必要があります。DataRobotにログインし、右上のユーザーアイコン > 設定 > CSVエクスポート > BOMを含めるのチェックを外す > 保存をクリックします。その後でDataRobot Data Prepに戻って続行します。

データセットの新しいバージョンをエクスポートすると、AIカタログにそのように表示されますか?

はい、同じ名前のデータセットのバージョンが新しいデータセットとしてではなく、AI カタログの_バージョン履歴_タブに表示されます。

AIカタログへのデータエクスポートの要件

DataRobotにエクスポートされるデータセットは、次の条件を満たす必要があります。

  • 少なくとも100行
  • 少なくとも2列
  • 有効な列名を持っている

更新しました February 22, 2022
Back to top