Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Data Prep用のJDBCコネクター

ユーザーペルソナ:Data Prep管理者またはデータソース管理者



備考

この文書は、コネクターの設定中に利用できるすべての構成フィールドについて論じています。一部のフィールドは、設定の以前の手順で管理者によってすでに入力されている場合があり、表示されない場合があります。Data Prepのコネクターフレームワークの詳細については、Data Prepコネクターのセットアップを参照してください。また、管理者がデータソースのリストでこのコネクターに別の名前を付けている場合もあります。

Data Prepの設定

このコネクターは、JDBCドライバーを利用してデータをインポートおよびエクスポートする機能を有効にします。通常、このコネクターはリレーショナルデータベースに対するインポート/エクスポートに利用されますが、多くのアプリケーションでJDBCドライバーを提供しています。次のフィールドを使用して、接続パラメーターを定義します。

一般

  • 名前: UIでユーザーに表示されるデータソースの名前。
  • 説明:UIでユーザーに表示されるデータソースの説明。

ヒント

データ準備を複数のJDBCソースに接続できます。わかりやすい名前を使用すると、ユーザーが適切なデータソースを識別する上で非常に役立ちます。

データベースURI

  • JDBC URI:使用されているドライバーによって定義されたJDBC接続文字列。接続文字列オプションの詳細については、使用するドライバーのドキュメントを参照してください。JDBC接続文字列は通常、次の形式を取ります。

    jdbc:://::/:;

データベースの可視性

インポート中にユーザーがデータソースを参照するときに表示されるデータベース、スキーマ、およびテーブルを制御できます。データベース、スキーマ、およびテーブルの場合、次のいずれかを選択できます。

  • [表示のみ]ここで指定したデータベース、スキーマ、またはテーブルだけが返されます。
  • [非表示]:ここで指定したデータベース、スキーマ、テーブルが非表示になります。
  • [すべて表示]:データソース内のすべてを表示するデフォルト設定です。

[表示のみ]または[非表示]オプションを選択すると、オプションを適用するデータベース、スキーマ、またはテーブルを指定するフィールドが表示されます。

備考

これらの設定は、ユーザーがデータソースに対してクエリーを実行する場合は適用されません。クエリー結果は、一致の完全なリストを返します。たとえば、特定のデータベースを[非表示]にした場合でも、ユーザーはそのデータベース内のテーブルからデータをプルするクエリーを実行できます。ただし、そのデータベースは、ユーザーがデータソースを参照するときに表示されません。

インポート設定

  • クエリープリフェッチサイズ:インポート中のバッチごとの行数。

備考

バッチサイズを大きくすると、大量のインポートのスループットは向上しますが、この値の設定が大きすぎる場合、コネクタープロセスのメモリーが不足する可能性があります。このフィールドのデフォルト値は、バッチごとに10,000行です。コネクタープロセスに付与されるメモリーの量は、Data Prepインストールのサイズによって大きく異なります。このフィールドをデフォルトより大きい値に設定する前に、Data Prep管理者に相談してください。

  • 最大列サイズ:任意の列の最大長(Unicode文字)。これより大きい値は「null」に置き換えられます。
  • プレインポートSQL: インポート開始前に実行する、改行で区切られたSQLステートメントです。このSQLは(プレビューとインポートのために)複数回実行される可能性があり、改行で区切られた複数のSQLステートメントになることがあります。
  • インポート後のSQL:インポート処理後に実行されるSQL。このSQLは(プレビューとインポートのために)複数回実行される可能性があり、改行で区切られた複数のSQLステートメントになることがあります。
  • カウントクエリーを実行:このセレクターでは、一部のデータベーステーブルで非常に遅くなる可能性のある、インポート時のコネクターによるカウントクエリーの実行を防止できます。インポート中の行数のカウントを無効にするには、これを「False」に設定します。

備考

インポート前およびインポート後のSQLはインポートプロセス全体で複数回実行される可能性があります。インポートが実行されるたびにこの設定に基づくSQLが実行されるため、これらの値をコネクタ/データソース設定で指定するときは注意が必要です。

エクスポート設定

  • エクスポートバッチサイズ:エクスポート中のバッチごとの行数。

備考

バッチサイズを大きくすると、サイズの大きいインポートのスループットが向上しますが、この値の設定が大きすぎる場合、コネクタープロセスでメモリーが不足する可能性があります。このフィールドのデフォルト値は、バッチごとに10,000行です。コネクタープロセスに付与されるメモリーの量は、Data Prepインストールのサイズによって大きく異なります。このフィールドをデフォルトより大きい値に設定する前に、Data Prep管理者に相談してください。

  • 最大VARCHARサイズ: VARCHAR列の最大幅です。

備考

このコネクターは、最大VARCHAR幅を超え、データベースがCLOBタイプをサポートしている場合、CLOBタイプを使用して列をエクスポートしようとします。

  • テーブルを自動的に作成: 有効 | 無効

  • 有効:データ準備は、データセットをエクスポートするときに自動的に新しいテーブルを作成します。 テーブルが存在する場合、データ準備は、同じ名前で新しいテーブルを作成する前に、既存のテーブルを削除します。

  • 無効:データ準備は、データセットをエクスポートするときに新しいテーブルを自動的に作成しません。 コネクタは、エクスポートされたデータセットの名前と形式に一致するテーブルが存在することを前提としています。エクスポートされたデータは既存のテーブルに追加されます。

  • エクスポート前のSQL:エクスポートプロセスの前に実行されるSQL。このSQLは1回実行され、改行で区切られた複数のSQLステートメントになる場合があります。

  • ポスト エクスポートSQL:エクスポート完了後に実行するSQLステートメントです。このSQLは1回実行され、改行で区切られた複数のSQLステートメントになる場合があります。

資格情報

  • ユーザー:データソースへのアクセスに使用するユーザー名。
  • パスワード:データソースへのアクセスに使用するパスワード。
  • 役割:一部のアプリケーションでは、接続時に役割を指定できます。ここに役割の値を入力します(必要な場合)。このフィールドは空白のままにすることもできます。

データのインポート/エクスポート情報

ブラウジング経由でインポート

  • 構成設定に基づいて、データベース、スキーマ、および/またはテーブルを参照します。インポートするテーブルを「選択」します。

SQLクエリー経由でインポート

  • データベースのSQL選択クエリーが必要です。
  • 例:「SAMPLE_DATA」から選択*。TPCH_SF1"。お客様"

エクスポート情報

  • 構成設定に基づいてデータベースおよび/またはスキーマを参照
  • データベースがカタログ、スキーマ、およびテーブルをサポートしている場合、スキーマではなくカタログの下に直接エクスポートしようとすると、エラーが発生する可能性があります。
  • (オプション) テーブル名に使用される名前を編集します。

JDBCのティア2サポート

Data PrepのSaaS以外のお客様は、JDBCコネクターで使用する独自のドライバーを提供およびインストールできます。この機能は現在、SaaSのお客様にはご利用いただけません。

Data Prepでは、特定のJDBCドライバーがData Prepでの使用に適しているかどうかを評価するのに役立つテストキットを用意しています。Data Prepカスタマーサクセスチームがお客様に代わって、このテストキットを実行します。

備考

このツールでの成功は、提供されたJDBCドライバーの公式サポートを保証するものではありません。このツールを使用してテストに合格したドライバーは、Data Prepアプリケーションの現在または将来のバージョンで動作する保証はありません。JDBCテストキットは、包括的なJDBCテストスイートツールではありません。

「ティア2」とはどういう意味ですか?

JDBCコネクターテストキットがすべてのテストに合格した場合、Data Prepは次の組み合わせの使用をサポートします。

  • 特定のData Prep JDBCコネクターバージョンおよび特定のData Prepコアサーバーバージョン。これらの数値は通常、テストキットのバージョンと一致しますが、常にそうであるとは限りません。
  • 特定のデータベース/アプリケーションのバージョン。
  • 特定のJDBCドライバーのバージョン。
  • テストされたデータ型。
  • 正常にテストされた機能のみ-、現在、クエリによるインポート、ブラウズによるインポート、およびエクスポートの3つがあります。

これは他に何を意味しますか:

  • Data Prepは、JDBCまたはその他のコネクター接続のデータベース/アプリケーションの認定は行いません。
  • Data Prepは、データベース/アプリケーションに対して明示的または正式なテストは行いません。
  • Data Prepは、ティア2データソースの潜在的な連続値について、新しいバージョンやサービスパックのテストは行いません。
  • Data Prepは、Data Prepクラウドでのティア2JDBCソースの使用には対応できません。Data Prepクラウドでは、認定された(ティア1)JDBCソースのみを使用できます。

設定方法を教えてください。

Data Prepで使用したいJDBCドライバーがある場合は、次の手順に従い、JDBCコネクターの下でティア2データソースとして使用してください。

  1. まず、カスタマーサクセス担当者に連絡して、使用したいドライバーを提供してください。テストキットを使用してドライバーをテストできます。
  2. テストが成功した場合、カスタマーサクセス担当者は、Data Prepコアサーバーの正しいディレクトリにドライバーをインストールし、ドライバーのレジストリへの追加を支援します。
  3. そこから、ドライバーのドキュメントと上記の詳細を参照して、新しいドライバーでJDBCコネクターを動作するように設定できます。

更新しました February 22, 2022
Back to top