Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Data Prep用のMicroStrategyコネクター

ユーザーペルソナ:Data Prepユーザー、Data Prep管理者、またはデータソース管理者



備考

この文書は、コネクターの設定中に利用できるすべての構成フィールドについて論じています。一部のフィールドは、設定の以前の手順で管理者によってすでに入力されている場合があり、表示されない場合があります。Data Prepのコネクターフレームワークの詳細については、Data Prepコネクターのセットアップを参照してください。また、管理者がデータソースのリストでこのコネクターに別の名前を付けている場合もあります。

Data Prepの設定

このコネクタを使用すると、MicroStrategyサーバーに接続して、ライブラリのインポートとエクスポートを行うことができます。

コネクタの作成に使用されるパラメーターに関する情報を以下に示します。

一般

  • 名前: UIでユーザーに表示されるデータソースの名前。
  • 説明:UIでユーザーに表示されるデータソースの説明。

ヒント

Data Prepを複数のマイクロストラテジーアカウントに接続できます。わかりやすい名前を使用すると、ユーザーが適切なデータソースを識別する上で非常に役立ちます。

MicroStrategyの設定

MicroStrategyの設定セクションで、MicroStrategyサーバーを検出して接続するために使用する情報を入力します。

  • サーバーのホスト名:ドメイン名を含む完全修飾ホスト名、またはMicroStrategyホストのIPアドレスを使用できます。
  • サーバーポート:MicroStrategyサーバーのポート番号。
  • SSLを使用:MicroStrategyサーバーへの接続にSecure Sockets Layerを使用するかどうかを選択します。

資格情報

  • ユーザー名とパスワード:MicroStrategyサーバーへの認証に使用されるユーザー名とパスワードです。
  • 認証モード:MicroStrategyサーバーへの接続に使用される認証モードです。

エクスポート設定

  • エクスポートバッチサイズ:MicroStrategyサーバーをエクスポートする際に使用するバッチサイズです。

Webプロキシ

プロキシサーバーを介してMicroStrategyに接続する場合、これらのフィールドでプロキシの詳細を定義します。

  • Webプロキシ:プロキシが不要な場合は「なし」を選択し、プロキシサーバー経由でMicroStrategyに接続する必要がある場合は「プロキシ」を選択します。Webプロキシサーバーが必要な場合、プロキシ接続を有効にするには以下のフィールドが必要です。
  • プロキシホスト:プロキシサーバーのホスト名またはIPアドレス。
  • プロキシ ポート: プロキシ サーバーのポートです。
  • プロキシ ユーザー名とプロキシ パスワード: 認証されたプロキシ接続のユーザー資格情報です。非認証プロキシ接続では、これらを空白のままにしてください。

インポート/エクスポート情報

  • MicroStrategyはブールデータ型をサポートしません。したがって、Data Prepからエクスポートする場合、すべてのブール値は文字列(「ture」または「false」)としてエクスポートされます。
  • レポートのエクスポート:
    • MicroStrategyレポートはインポートできますが、MicroStrategyコネクタはエクスポート時にレポートを更新する機能をサポートしていません。
  • キューブへのエクスポート:
    • MicroStrategyコネクタは、複数のテーブルを含むキューブへのデータのエクスポートをサポートしていません。
    • MicroStrategyコネクタではREST APIが使用されるため、MicroStrategy Web UI(またはREST API以外の方法)によるエクスポート時のキューブの更新はサポートされません。
    • (Data Prep AnswerSet内の)スキーマがキューブのスキーマと一致しない場合、既存のキューブにエクスポートすることはできません。
    • AnswerSetに列が追加されると、新しい行または更新された行がキューブに追加されますが、新しい列はキューブに追加されません。
    • 依存関係のあるキューブを上書きするには、依存関係のあるキューブへの上書きが許可されるように、MicroStrategyのユーザー権限が設定されていることを確認します。

更新しました February 22, 2022
Back to top