Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Data Prep用のMongoDBコネクター

ユーザーペルソナ:Data Prepユーザー、Data Prep管理者、またはデータソース管理者



備考

この文書は、コネクターの設定中に利用できるすべての構成フィールドについて論じています。一部のフィールドは、設定の以前の手順で管理者によってすでに入力されている場合があり、表示されない場合があります。Data Prepのコネクターフレームワークの詳細については、Data Prepコネクターのセットアップを参照してください。また、管理者がデータソースのリストでこのコネクターに別の名前を付けている場合もあります。

Data Prepの設定

このコネクターを使用すると、MongoDBに接続して、使用可能なデータを閲覧およびインポートできます。以下のフィールドは、接続パラメーターを定義するために使用されます。

一般

  • 名前:UIでユーザーに表示されるデータソースの名前。
  • 説明:UIでユーザーに表示されるデータソースの説明。

ヒント

Data Prepは複数のMongoDBデプロイに接続できます。わかりやすい名前を使用すると、ユーザーが適切なデータソースを識別する上で非常に役立ちます。

MongoDB の設定

  • サーバー:MongoDBインスタンスをホストするサーバーのホスト名IPアドレスまたはIPアドレスです。レプリカセットに接続する場合は、いずれかのサーバーのホスト名またはIPアドレスを使用します。

  • ポート:MongoDBへの接続用のポートです。初期設定のポートは27017です。

  • ユーザー: MongoDB のユーザーです。

  • パスワード:MongoDBユーザーのパスワードです。

  • SSL を使用:このフィールドでSSL を有効化するかどうかを設定します。

  • タイムアウト:操作がタイムアウトするまでの待ち時間(秒数)です。0に設定された場合、操作はタイムアウトされません。

データベース タイプの設定

  • データベースタイプ:スタンドアロンのMongoDBインスタンスまたはレプリカセットに接続します。

  • データベース名: MongoDB のデータベース名です。スタンドアロンインスタンスに接続する場合は、データベース名が必要です。レプリカセットに接続する際に、このフィールドを空白のままにすると、使用可能なすべてのデータベースがインポートUIに表示されます。

  • レプリカセットに接続する場合:

    • レプリカセット:セカンダリーサーバーのコンマ区切りリスト(server:port)です。これにより、サーバーとポートで設定されたサーバーに加えて、複数のサーバーを指定できます。

    • 読み取り設定:レプリカセットからの読み取り戦略です。詳細については、読み取り設定を参照してください。

データインポート情報

ブラウジング経由

ブラウジングすると、MongoDB内のデータベースとコレクションのリストを表示できます。MongoDBレプリカセットに接続する場合、設定でデータベースが指定されていなければ、すべてのデータベースを参照できます。データベースが指定されている場合は、そのデータベース内のコレクションのみを参照できます。

SQLクエリー経由

このコネクターは、CDataが提供するドライバーを使用してJDBC上に構築されているため、SQL SELECTクエリーを使用してデータをインポートできます。CDataのドライバードキュメントに記載されているように、クエリーは、MongoDBシェルで使用されるJavaScriptベースのDSLではなく、SQLを使用します。

ベストプラクティス

  • Data Prepは、MongoDBをメタデータストアとして使用します。このコネクターを使用して、Data Prep独自のMongoDBレプリカセットに接続することは、このコネクターの意図または推奨されるユースケースではありません。このように使用された場合は、コネクターおよびData Prep自体のパフォーマンスと正しい機能を保証することはできません。

  • Data Prepメタデータを読み取ることを目的としている場合は、Data Prep MongoDBメタデータストア内のデータのバックアップを定期的に作成し、MongoDBの別のインスタンスでバックアップを復元してから、そのインスタンスでコネクターをポイントしてください。


更新しました February 22, 2022
Back to top