Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Data Prep用のMS Azure Data Lake Storage Gen2(ADLS Gen2)コネクター

ユーザーペルソナ:Data Prepユーザー、Data Prep管理者、データソース管理者、またはIT/DevOps



備考

この文書は、コネクターの設定中に利用できるすべての構成フィールドについて論じています。一部のフィールドは、設定の以前の手順で管理者によってすでに入力されている場合があり、表示されない場合があります。Data Prepのコネクターフレームワークの詳細については、Data Prepコネクターのセットアップを参照してください。また、管理者がデータソースのリストでこのコネクターに別の名前を付けている場合もあります。

Data Prepの設定

このコネクターを使用すると、Azure Data Lake Storage Gen2に接続して、インポートとエクスポートを行うことができます。次のフィールドを使用して、接続パラメーターを定義します。

一般

  • 名前:UIでユーザーに表示されるデータソースの名前。

  • 説明:UIでユーザーに表示されるデータソースの説明。

ヒント

Data Prepを複数のAzureデータレイクストレージGen2アカウントに接続できます。わかりやすい名前を使用すると、ユーザーが適切なデータソースを識別する上で非常に役立ちます。

Azure Data Lake Storage Gen2の設定

  • データストアのルートディレクトリ:このコネクターでアクセスができる識別可能なルートパス。ファイル システムのすべてのファイルにアクセスするには、"/" を使用してください。

  • Azureストレージアカウント名:ユニーク数のAzure URLのサブドメイン名。ストレージ アカウント名の長さは 3~24文字である必要があり、数字と小文字のみを使用できます。ストレージ アカウント名は、Azure 内でユニーク数となるものでなければなりません。同じ名前のストレージ アカウントが 2 つ以上存在することはできません。

  • ファイルシステム名:ストレージアカウント内のファイルシステムの名前。「コンテナー」 名と呼称される場合もあります。

Azure Data Lake Storage Gen2の認証設定

ドロップダウンから、ADLS Gen2ストレージの優先認証方法を選択し、必須フィールドに入力します。

  • ストレージアカウントのアクセスキー:フィールドにストレージアカウントのアクセスキーを入力します。これは、「共有キー」と呼ばれることもあります。
  • Active Directoryユーザー名/パスワード:アカウントに関連付けられているAzure Directoryのユーザー名とパスワードを入力します。

備考

Data PrepがMicrosoftアカウント内のデータを読み書きするためのアクセスを許可する必要があります。許可しない場合、接続しようとするとエラーが発生します。アクセスを許可するには、データソース設定パネルで[データソースのテスト]ボタンをクリックし、[アクセスの許可]のリンクをクリックします。これにより、ログインしてアクセスを許可できるMicrosoftアカウントに移動します。その後でData Prepに戻って続行します。

データインポート情報

ブラウジング経由

コネクターは、データストアのルートディレクトリフィールドで定義された場所から始まるブラウズ可能なディレクトリ階層を表示します。

SQLクエリー経由

サポートされていません

FAQ/トラブルシューティング/一般的な問題

ADLS Gen1とADLS Gen2の両方のコネクターを同じData Prepアカウントに含めることはできますか?

可能です。2つのコネクタは共存でき、相互に干渉しません。


更新しました February 22, 2022
Back to top