Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Data Prep用のMS Azure Data Lake Storage(ADLS)コネクター

ユーザーペルソナ:Data Prepユーザー、Data Prep管理者、データソース管理者、またはIT/DevOps



備考

この文書は、コネクターの設定中に利用できるすべての構成フィールドについて論じています。一部のフィールドは、設定の以前の手順で管理者によってすでに入力されている場合があり、表示されない場合があります。Data Prepのコネクターフレームワークの詳細については、Data Prepコネクターのセットアップを参照してください。また、管理者がデータソースのリストでこのコネクターに別の名前を付けている場合もあります。

Data Prepの設定

このコネクターを使用すると、Azure Data Lake Storage(ADLS)に接続して、データのインポートとエクスポートを行うことができます。次のフィールドを使用して、接続パラメーターを定義します。

一般

  • 名前:UIでユーザーに表示されるデータソースの名前。

  • 説明:UIでユーザーに表示されるデータソースの説明。

ヒント

Data Prepは複数のAzuate Data Lake Storageアカウントに接続できます。わかりやすい名前を使用すると、ユーザーが適切なデータソースを識別する上で非常に役立ちます。

Azure Data Lake Storageの設定

  • ADL URI:ADL サイトの URI です。
  • ルート ディレクトリ:データのインポート/エクスポートが有効化されているディレクトリ構造の最上位を指定します。
  • アプリケーションID:ADLサイトのアプリケーションIDです。
  • OAUTH 2.0トークンエンドポイント:ADLサイトのOAUTH 2.0トークンエンドポイントです。
  • アプリケーションアクセスキー値:ADLサイトのアプリケーションアクセスキー値です。詳細については、FAQ/トラブルシューティング/一般的な問題のセクションの問題1を参照してください。

FAQ/トラブルシューティング/一般的な問題

ADLS Gen1とADLS Gen2の両方のコネクターを同じData Prepアカウントに含めることはできますか?

可能です。2つのコネクタは共存でき、相互に干渉しません。

問題:テスト接続をすると失敗し、「base64」上の問題があると報告されます。

修正方法:2020年3月に、Azureではアプリケーションアクセスキー値の形式が変更されました。新しい形式は認証用には機能しないため、Azureコマンドラインを使用して、Base64でエンコードされたバージョンのアプリケーションアクセスキー値を設定する必要があります。

Azure Portalの場合:

  1. 新しいアプリケーションアクセスサービスアカウントを作成します。
  2. 生成されたアクセスキー値をコピーします。
  3. パスワードをBase64でエンコードします。
    • Macの例:echo -n '<パスワード>' | openssl base64
    • Windows:Base64エンコーダーなどのツールを使用します。
  4. Base64でエンコードされたバージョンにパスワードをリセットするAzureコマンドを作成します。
    • az ad sp credential reset --name --credential-description "" --append --years 2 -p "" -o=jsonc
  5. Azure Portalでコマンドプロンプトを開き、手順4のコマンドを貼り付けます。
  6. このサービスアカウントにストレージの適切なACLがあることを確認してください。権限が適切でない場合、ACLエラーが表示されます。
  7. Base64でエンコードした新しいパスワードを使用してアプリケーションアクセスキー値を設定します。

更新しました February 22, 2022
Back to top