Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Data Prep用のMS Dynamics 365コネクター

ユーザーペルソナ:Data Prepユーザー、Data Prep管理者、データソース管理者、またはIT/DevOps



備考

この文書は、コネクターの設定中に利用できるすべての構成フィールドについて論じています。一部のフィールドは、設定の以前の手順で管理者によってすでに入力されている場合があり、表示されない場合があります。Data Prepのコネクターフレームワークの詳細については、Data Prepコネクターのセットアップを参照してください。また、管理者がデータソースのリストでこのコネクターに別の名前を付けている場合もあります。

Data Prepの設定

このコネクターを使用すると、Microsoft Dynamics 365 リソースに接続して、エンティティ セットをインポートできます。次のフィールドを使用して、接続パラメーターを定義します。

一般

  • 名前:UIでユーザーに表示されるデータソースの名前。

  • 説明:UIでユーザーに表示されるデータソースの説明。

ヒント

複数のマイクロソフトダイナミクス365リソースへのData Prepを接続することができます。わかりやすい名前を使用すると、ユーザーが適切なデータソースを識別する上で非常に役立ちます。Data Prep SaaSを使用している場合は、Data Prep DevOpsにこのセットの希望の旨をお知らせください。

Microsoft Dynamics 365の設定

このセクションでは、Microsoft Dynamics 365 リソースを識別して接続するための情報を指定します。これらのフィールドは必須です。

  • テナントのドメイン名/ID:これは、Microsoft Azure Active DirectoryテナントIDまたはドメイン名です。
  • リソースURL:これは、Microsoft Dynamics365のリソースURLです。

プロキシ設定

プロキシサーバーを介してMS Dynamics 365に接続する場合、これらのフィールドでプロキシの詳細を定義します。

  • Webプロキシ:プロキシが不要な場合は「なし」、プロキシサーバー経由でMS Dynamics 365 RESTエンドポイントに接続する場合は「プロキシ」。Webプロキシサーバーが必要な場合、プロキシ接続を有効にするには以下のフィールドが必要です。
  • プロキシホスト:Webプロキシサーバーのホスト名またはIPアドレス。
  • プロキシポート:データソースのプロキシサーバー上のポート。
  • プロキシユーザー名:プロキシサーバーのユーザー名。
  • プロキシパスワード:プロキシサーバーのパスワード。*認証されていないプロキシ接続の場合は、ユーザー名とパスワードを空白のままにします。

認証設定

このセクションでは、Microsoft Dynamics 365リソースの認証と承認に使用する情報を提供します。これらのフィールドは必須です。

  • クライアントID:Microsoft Azure Active Directoryに登録されているアプリケーション(Webアプリ/APIまたはネイティブ)のアプリケーションID。アプリケーションの登録方法については、このドキュメントを参照してください。

  • 認証タイプ:アプリケーションがAzure AD にWebアプリ/APIアプリケーションとして登録されている場合は、[クライアント資格情報] を選択します。アプリケーションが Azure AD にネイティブ アプリケーションとして登録されている場合は、[ユーザー資格情報] を選択します。

    • クライアントシークレット:[認証タイプ] で [クライアント資格情報] を選択した場合、認証にこれを指定する必要があります。
    • ユーザー名およびパスワード:[認証タイプ] で [ユーザー資格情報] を選択した場合、認証にこれらを指定する必要があります。

データインポート情報

ブラウジング経由

インポート可能なCRMオブジェクトのリストを表示します。

  • リストからオブジェクト名を選択して、インポートを有効にします。
  • Dynamicsコネクターは、Dynamics 365 Web APIからのページ付けされた結果を自動的に処理します。

SQLクエリー経由

サポートされていません


更新しました February 22, 2022
Back to top