Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Data Prep用のNetSuiteコネクター

ユーザーペルソナ:Data Prepユーザー、Data Prep管理者、またはデータソース管理者



備考

この文書は、コネクターの設定中に利用できるすべての構成フィールドについて論じています。一部のフィールドは、設定の以前の手順で管理者によってすでに入力されている場合があり、表示されない場合があります。Data Prepのコネクターフレームワークの詳細については、Data Prepコネクターのセットアップを参照してください。また、管理者がデータソースのリストでこのコネクターに別の名前を付けている場合もあります。

Data Prepの設定

このコネクターでは、NetSuiteに接続して使用可能なデータの閲覧とインポートを行うことができます。次のパラメーターが、接続の設定に使用できます。

一般

  • 名前:UIでユーザーに表示されるデータソースの名前です。

  • 説明:UIでユーザーに表示されるデータソースの説明です。

ヒント

Data Prepは複数のNetsuiteアカウントに接続できます。わかりやすい名前を使用すると、ユーザーが適切なデータソースを識別する上で非常に役立ちます。

NetSuite の構成

  • NetSuite アカウント ID: ご使用のNetSuiteアカウントIDです。これを見つけるには、NetSuiteにログインし、[設定]タブ → [インテグレーション] → [Webサービス設定]をクリックします。

  • ユーザー名: 認証に使用される NetSuite アカウントのユーザー名です。

  • パスワード:NetSuiteユーザーのパスワードです。

  • ロールID:NetSuiteへの接続に使用されるロールの内部IDです。ユーザーのデフォルトロールを使用するには、これを空のままにします。ロールIDを見つけるには、アカウントIDを見つけるための上記の手順に従い、ドロップダウンリストからユーザー名を選択し、最後にユーザーアカウントに関連付けられた対応するロールを選択します。

  • タイムアウト:操作があるまでの待機期間を示す秒数です。デフォルト値は300秒です。

Webプロキシ設定

プロキシサーバーを介してデータソースに接続する場合、これらのフィールドでプロキシの詳細を定義します。

  • Webプロキシ:プロキシが不要な場合は「なし」を選択し、プロキシサーバー経由でMicroStrategyに接続する必要がある場合は「プロキシ」を選択します。Webプロキシサーバーが必要な場合、プロキシ接続を有効にするには以下のフィールドが必要です。

  • プロキシホスト:Webプロキシサーバーのホスト名またはIPアドレス。

  • プロキシサーバー:データソースのプロキシサーバー上のポート。

  • プロキシ ユーザー名:プロキシ サーバーのユーザー名です。

  • プロキシ パスワード:プロキシ サーバーのパスワード。

備考

認証されていないプロキシ接続では、ユーザー名とパスワードを空白のままにします。

データインポート情報

ブラウジング経由

  • オブジェクトを参照し、インポートするテーブルを「選択」します。

SQLクエリー経由

  • 正当なSQL選択クエリを使用します。

更新しました February 22, 2022
Back to top