Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Data Prep用のNetwork Share SMBコネクター

ユーザーペルソナ:Data Prepユーザー、Data Prep管理者、データソース管理者、またはIT/DevOps



備考

この文書は、コネクターの設定中に利用できるすべての構成フィールドについて論じています。一部のフィールドは、設定の以前の手順で管理者によってすでに入力されている場合があり、表示されない場合があります。Data Prepのコネクターフレームワークの詳細については、Data Prepコネクターのセットアップを参照してください。また、管理者がデータソースのリストでこのコネクターに別の名前を付けている場合もあります。

Data Prepの設定

このコネクターを使用すると、SMB(Server Message Block)プロトコルを使用してネットワーク共有に接続し、インポートおよびエクスポートを実行できます。次のフィールドを使用して、接続パラメーターを定義します。

一般

  • 名前: UIでユーザーに表示されるデータソースの名前。

  • 説明:UIでユーザーに表示されるデータソースの説明。

ヒント

複数のSMB共有にData Prepを接続することができます。わかりやすい名前を使用すると、ユーザーが適切なデータソースを識別する上で非常に役立ちます。

設定

  • 共有ホスト名:はサーバーのホスト名です。

  • 共有ポート:はサーバーのポート番号です。初期設定のポートは445です。

  • 共有名:は共有の名前です。ユーザーがインポートまたはエクスポートに使用する予定の共有の名前。共有名はパスではなく、「\」文字を含めることはできません。スペース文字を使用できます。

資格情報

ユーザー認証は、共有アカウントまたは個人アカウントを使用して実行できます。資格情報がデータ ソースを使用して設定されていない場合は、ユーザーは資格情報を入力するよう求められます。

  • ユーザー名:共有での認証に使用されるユーザー名。

  • パスワード:共有での認証に使用されるパスワード。

  • ユーザードメイン:共有に接続するためのユーザーのドメイン。

    • SMBワークグループとも呼ばれます。

    • AD/LDAP管理アカウントでは、これはアカウントが属するADドメインです。

      • ドメインアカウント構造:
    • AD/LDAPで管理されていないアカウントの場合、ドメインは空白にすることができます。

タイムアウト

  • 読み取り/書き込みタイムアウト:共有との間で読み取り、または書き込みを行う場合のタイムアウト時間(秒単位)。

データインポート情報

ブラウジング経由

設定された共有内のディレクトリとファイルを参照します。

SQLクエリー経由

SMBはファイルストアであるため、このデータソースではSQLクエリーはサポートされていません。

FAQ/トラブルシューティング/一般的な問題

Data Prepは、LDAPを使用するWindows共有(読み取り専用および読み取り/書き込み)およびローカルサーバーアカウントを使用するLinux共有に対してこのコネクターをテストします。SMBサービスをホストして設定するには多くの方法があり、接続の確立で問題が発生する場合があります。問題が発生した場合は、サーバーの設定ファイルのコピー(機密性の高い値は削除済み)と、サーバーのログ出力のコピーを管理者に依頼してください。


更新しました February 22, 2022
Back to top