Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Data Prep用のOracle Marketing クラウド(Eloqua)コネクター

ユーザーペルソナ:Data Prepユーザー、Data Prep管理者、またはデータソース管理者



備考

この文書は、コネクターの設定中に利用できるすべての構成フィールドについて論じています。一部のフィールドは、設定の以前の手順で管理者によってすでに入力されている場合があり、表示されない場合があります。Data Prepのコネクターフレームワークの詳細については、Data Prepコネクターのセットアップを参照してください。また、管理者がデータソースのリストでこのコネクターに別の名前を付けている場合もあります。

Data Prepの設定

このコネクターを使用すると、ライブラリのインポートのためにOracle Marketing クラウドに接続できます。接続を設定するには、以下のパラメータを使用します。

一般

  • 名前:UIでユーザーに表示されるデータソースの名前。

  • 説明:UIでユーザーに表示されるデータソースの説明。

ヒント

複数のオラクルマーケティングクラウドアカウントへのData Prepを接続することができます。わかりやすい名前を使用すると、ユーザーが適切なデータソースを識別する上で非常に役立ちます。

Oracle Marketing クラウドの設定

  • 会社:Oracle Marketing クラウドアカウントが登録されている会社

  • ユーザー:Oracle Marketing クラウドアカウントのユーザー。

  • パスワード:Oracle Marketing クラウドユーザーのパスワード。

  • タイムアウト:操作がタイムアウトするまでの待機時間(秒単位)。デフォルト値は 300 秒です。待機時間を長くするには、この値を増やします。「0」に設定すると、操作はタイムアウトされなくなります。

Webプロキシ設定

プロキシサーバーを介してOracle Marketing クラウドに接続する場合、これらのフィールドはプロキシの詳細を定義します。

  • Webプロキシ:プロキシが不要な場合は「なし」、プロキシサーバー経由でOracle Marketing クラウドアカウントに接続する必要がある場合は「プロキシ」。Webプロキシサーバーが必要な場合、プロキシ接続を有効にするには以下のフィールドが必要です。
  • プロキシホスト:Webプロキシサーバーのホスト名またはIPアドレス。
  • プロキシサーバー:プロキシサーバー上のポート。
  • プロキシユーザー名:プロキシサーバーのユーザー名。
  • プロキシ パスワード:プロキシサーバーのパスワード。*認証されていないプロキシ接続の場合は、ユーザー名とパスワードを空白のままにします。

データインポート情報

ブラウジング経由

オラクルマーケティングオブジェクトテーブルご御覧ください。

SQLクエリー経由

  • 有効なSQL選択クエリーの使用
  • クエリーの制限:オラクルマーケティングクラウドでは、クエリーの複数の条件に対するサポートが制限されています。

  • SINGLE WHERE CLAUSE:多くのテーブルでは、フィルター間のAND条件はサポートされていません。ANDが含まれている場合、サーバーは結果を返さず、エラーもスローしません。

  • "="演算子は、WHERE clauseの日付列では使用できません。ただし、 "<"、 ">"、 "> ="、および "<="演算子を使用して、日付列をフィルタリングできます。
  • 更新のみが大きい:さらに、で更新列は、「>」演算子によるフィルタリングのみをサポートします。
  • これらの制限を示すオブジェクトがオラクルマーケティングオブジェクトテーブルで識別されています

Oracle Marketing Objects

名前 説明 容量制限
アカウント アカウントを参照してクエリーを実行します。
AccountGroup アカウントグループを参照してクエリーを実行します。
Campaign キャンペーンを参照してクエリーを実行します。
連絡先 連絡先を参照してクエリーを実行します。
ContactEmailSubscription 特定の連絡先のすべてのEメールグループのサブスクリプションステータスを参照してクエリーを実行します。
ContactSegment 連絡先セグメントを参照して照会します。
ContentSection コンテンツセクションを参照してクエリーを実行します。
カスタム カスタムを参照してクエリーを実行します。
Eメール Eメールを参照してクエリーを実行します。 単一のWHERE句
日時は同等ではありません
UPDATEDATはGreater Thanのみ
EmailFooter Eメールのフッターを参照してクエリーを実行します。
EmailGroup Eメールグループを参照してクエリーを実行します。 単一のWHERE句
日時は同等ではありません
UPDATEDATはGreater Thanのみ
EmailHeader Eメールのヘッダーを参照してクエリーを実行します。 単一のWHERE句
日時は同等ではありません
UPDATEDATはGreater Thanのみ
イベント イベントを参照してクエリーを実行します。
ExternalActivity 外部活動を参照してクエリーを実行します。
ExternalAsset 外部資産を参照してクエリーを実行します。 単一のWHERE句
日時は同等ではありません
UPDATEDATはGreater Thanのみ
フォルダー フォルダーを参照して照会します。
Form フォームを参照して照会します。
Hyperlink ハイパーリンクを参照してクエリーを実行します。
LandingPage ランディングページを参照してクエリーを実行します。 単一のWHERE句
日時は同等ではありません
UPDATEDATはGreater Thanのみ
Microsite マイクロサイトを参照してクエリーを実行します。 単一のWHERE句
日時は同等ではありません
UPDATEDATはGreater Thanのみ
OptionList オプションリストを参照してクエリーを実行します。 単一のWHERE句
日時は同等ではありません
UPDATEDATはGreater Thanのみ
AccountField アカウントフィールドを参照してクエリーを実行します。
AccountView アカウント表示を参照してクエリーを実行します。
アクティビティ_バウンスバック バウンスバックアクティビティを参照してクエリーを実行します。
アクティビティ_キャンペーンメンバーシップ キャンペーンメンバーシップアクティビティを参照してクエリーを実行します。
アクティビティ_メールクリックスルー Eメールのクリックスルーアクティビティを参照しクエリーを実行します。
アクティビティ_メールオープン Eメールオープンアクティビティを参照してクエリーを実行します。
アクティビティ_メール送信 Eメール送信アクティビティを参照してクエリーを実行します。
アクティビティ _メール購読 Eメール購読アクティビティを参照してクエリーを実行します。
アクティビティ_メール購読解除 Eメール配信停止アクティビティを参照してクエリーを実行します。
アクティビティ_フォーム送信 フォーム送信アクティビティを参照してクエリーを実行します。
アクティビティ_ページビュー ページ表示アクティビティを参照してクエリーを実行します。
アクティビティ_ウェブ訪問 Web訪問アクティビティを参照してクエリーを実行します。
CampaignElement キャンペーン要素を参照してクエリーを実行します。
CampaignField キャンペーンフィールドを参照してクエリーを実行します。
CampaignFolder キャンペーンフォルダーを参照してクエリーを実行します。
ContactField 連絡先フィールドを参照してクエリーを実行します。
ContactFilter 連絡先フィルターを参照してクエリーを実行します。
ContactFilterFolder 連絡先フィルターフォルダーを参照してクエリーを実行します。
ContactList 連絡先リストを参照してクエリーを実行します。 単一のWHERE句
日時は同等ではありません
UPDATEDATはGreater Thanのみ
ContactListFolder 連絡先リストフォルダーを参照してクエリーを実行します。
ContactScoringModelFolder 連絡先スコアリングモデルフォルダーを参照してクエリーを実行します。
ContactSegmentData Eloquaコンタクトセグメントデータを参照してクエリーを実行します。
ContactSegmentFolder 連絡先セグメントフォルダーを参照してクエリーを実行します。
ContactView 連絡先表示を参照してクエリーを実行します。
ContentSectionFolder コンテンツセクションフォルダーを参照してクエリーを実行します。
依存関係 依存関係を参照してクエリーを実行します。
DynamicContent 動的コンテンツを参照してクエリーを実行します。
DynamicContentFolder 動的コンテンツフォルダーを参照してクエリーを実行します。
EmailDeployment Eメールのデプロイを参照してクエリーを実行します。
EmailFolder Eメールフォルダーを参照してクエリーを実行します。 単一のWHERE句
日時は同等ではありません
UPDATEDATはGreater Thanのみ
EmailFooterFolder Eメールフッターフォルダーを参照してクエリーを実行します。
EmailHeaderFolder Eメールヘッダーフォルダーを参照してクエリーを実行します。
ExternalType 外部型を参照してクエリーを実行します。
FieldMerge フィールドマージを参照してクエリーを実行します。
FieldMergeFolder フィールドマージフォルダーを参照してクエリーを実行します。
FormElement フォーム要素を参照してクエリーを実行します。
FormFolder フォームフォルダーを参照してクエリーを実行します。
FormProcessingStep フォーム処理ステップを参照してクエリーを実行します。
HyperlinkFolder ハイパーリンクフォルダーを参照してクエリーを実行します。
イメージ 画像を参照してクエリーを実行します。
ImageFolder 画像フォルダーを参照してクエリーを実行します。
ImportedFile インポートされたファイルを参照してクエリーを実行します。
ImportedFileFolder インポートされたファイルフォルダーを参照してクエリーを実行します。
LandingPageFolder ランディングページフォルダーを参照してクエリーを実行します。
LeadScoringModel クエリリードスコアリングモデルを参照してクエリーを実行します。
PageTag ページタグを参照してクエリーを実行します。
PageTagGroup ページタググループを参照してクエリーを実行します。
Program プログラムを参照およびクエリーを実行します。
Style スタイルを参照してクエリーを実行します。
テンプレート テンプレートを参照してクエリーを実行します。
TemplateCategory テンプレートカテゴリを参照してクエリーを実行します。
TrackedUrl 追跡されたURLを参照してクエリーを実行します。
ユーザー ユーザーを参照してクエリーを実行します。 単一のWHERE句
日時は同等ではありません
UPDATEDATはGreater Thanのみ
Visitor 訪問者を参照してクエリーを実行します。 単一のWHERE句
日時は同等ではありません
UPDATEDATはGreater Thanのみ
VisitorProfileField すべての訪問者プロファイルフィールドを参照してクエリーを実行します。

技術的な仕様

Bulk API

このコネクターは、可能な場合、Bulk APIの使用を自動的にネゴシエートします。


更新しました February 22, 2022
Back to top