Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Data Prep用のOracleコネクター

ユーザーペルソナ:Data PrepユーザーまたはData Prep管理者



備考

この文書は、コネクターの設定中に利用できるすべての構成フィールドについて論じています。一部のフィールドは、設定の以前の手順で管理者によってすでに入力されている場合があり、表示されない場合があります。Data Prepのコネクターフレームワークの詳細については、Data Prepコネクターのセットアップを参照してください。また、管理者がデータソースのリストでこのコネクターに別の名前を付けている場合もあります。

Data Prepの設定

Oracleに接続する機能は、Data Prep JDBCコネクターの一部です。このトピックでは、Oracleデータベースへの接続のセットアップに固有の詳細を説明します。接続を構成するには、JDBCコネクターのドキュメントも参照してください。

JDBC URIの例:

jdbc:oracle:thin:yourOracleHost:yourOraclePort:XE

技術的な仕様

ドライバー仕様

  • Oracleデータベースのドライバーのバージョン:19.3

  • サポートされているOraclデータベースのバージョン: 12.2.0.1、18c、19c

ドライバーのドキュメント

FAQ/トラブルシューティング/一般的な問題

データ型処理のトラブルシューティング

Oracleデータベースへのエクスポート中に問題が発生する可能性があるまれな項目の1つは、Data PrepとOracleデータベース間でのデータ型の処理方法の違いに関連しています。Data Prepは、Oracleにはない、混合データ型の列を処理するように設計されています。Data Prepは、列に存在する主要なデータ型に基づいて列のデータ型を決定します。これは、Data Prepが列のデータ型がブールであると識別し、データ型が混在していても列をブールとしてエクスポートする場合に問題になります。これは、Oracleにエクスポートする前にData Prepで対処する必要があります。


更新しました February 22, 2022
Back to top