Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Data Prep用のPowerBIコネクター

ユーザーペルソナ:DataData Prepユーザー



備考

この文書は、コネクターの設定中に利用できるすべての構成フィールドについて論じています。一部のフィールドは、設定の以前の手順で管理者によってすでに入力されている場合があり、表示されない場合があります。Data Prepのコネクターフレームワークの詳細については、Data Prepコネクターのセットアップを参照してください。また、管理者がデータソースのリストでこのコネクターに別の名前を付けている場合もあります。

設定するには

  1. PowerBIデスクトップを開く
  2. データを取得するをクリックします。

  3. その他 > Data Prep > 接続をクリックします。

  4. 「サードパーティのサービスに接続しています」という警告が表示された場合は、継続するをクリックします。

  5. ログインするData Prep URLを入力し、OKをクリックします。
    1. これは、Kubernetesベースのデプロイの場合「https://yourdomain.Data Prep.com/domain/paxauth」、またはKubernetesベース以外のデプロイを使用している場合、「https://yourdomain.Data Prep.com/」となります。
    2. 先頭に「https://」を付けることを忘れないでください
  6. Data Prep REST APIのトークンを入力し、接続をクリックします。

    1. REST APIトークンをお持ちでない場合は、ユーザーメニューに移動してトークンをクリックします。ここで、アクセスと承認を管理するためのトークンを生成できます。
    2. 紛失した場合は、このトークンは取得できず、削除して再生成するだけであるため、保存してください。

  7. 認証の処理には1分ほどかかる場合があります。完了すると、インポートするデータファイルとAnswerSetのData Prepデータライブラリを参照できる画面が表示されます。

ベストプラクティス

  • アドホックレポートの場合、このコネクターを使用することをお勧めします。
  • 公開されたダッシュボードの自動レポート/更新については、デスクトップでのプロセスの自動化は不可能であるため、考慮に値するアプローチがいくつかあります。これは、いくつかの状況で成功したアプローチの1つです:

  • Data Prepでデータの準備を自動化し、ADLS Gen2などの公開されたPowerBIダッシュボードから直接クエリできるストレージのロケーションにエクスポートします。

  • PowerBI側で別の自動化を使用して、共有ロケーションからData Prep AnswerSetをPowerBIにインポートします。

さらに質問がある場合は、Data Prepカスタマーサクセス担当者にお問い合わせください。


更新しました February 22, 2022
Back to top