Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Data Prep用のSalesford Ligningコネクター

ユーザーペルソナ:Data PrepユーザーまたはSalesford管理者



備考

この文書は、コネクターの設定中に利用できるすべての構成フィールドについて論じています。一部のフィールドは、設定の以前の手順で管理者によってすでに入力されている場合があり、表示されない場合があります。Data Prepのコネクターフレームワークの詳細については、Data Prepコネクターのセットアップを参照してください。また、管理者がデータソースのリストでこのコネクターに別の名前を付けている場合もあります。

Data Prepの設定

このコネクターを使用すると、Salesforce組織にインポートソースとして接続できます。次のフィールドを使用して、接続パラメーターを定義します。

備考

Salesforce Lightning Editionの使用は、このコネクターを使用するための前提条件ではありません。コネクターは、REST API v40.0以降をサポートするすべてのSalesforce組織で機能します。

一般

  • 名前:UIでユーザーに表示されるデータソースの名前。
  • 説明:UIでユーザーに表示されるデータソースの説明。

ヒント

Data Prepは複数のSalesforce組織(Sandbox、Dev、UATなど)に接続できます。わかりやすい名前を使用すると、ユーザーが適切なデータソースを識別する上で非常に役立ちます。Data Prep SaaSを使用している場合は、Data Prep DevOpsにこのセットの希望の旨をお知らせください。

Webプロキシ

プロキシ サーバー経由で Salesforce に接続する場合、次のフィールドでプロキシの詳細を定義します。

  • Webプロキシ:Webプロキシサーバーが必要となり、プロキシ接続を有効にする際には、以下のフィールドが必要となります。
  • プロキシ ホスト: Web プロキシ サーバーのホスト名または IP アドレスです。
  • プロキシサーバー:データソースのプロキシサーバー上のポートです。
  • プロキシ ユーザー名:プロキシ サーバーのユーザー名です。
  • プロキシ パスワード:プロキシ サーバーのパスワードです。 *認証されていないプロキシ接続の場合は、ユーザー名とパスワードを空欄にしてください。

ユーザー資格情報

ユーザー認証は、共有アカウントまたは個人アカウントを介して行うことができます。個人アカウントで認証を行う場合は、このデータ ソースにアクセスするための資格情報の入力を求められます。共有アカウントで認証する場合は、次のフィールドを設定する必要があります。

  • Salesforce URL: Salesforce の URL です。デフォルトでは、https://login.salesforce.comです。

  • Salesforce Sandboxに接続している場合は、URLをhttps://test.salesforce.comに設定します。

  • セッション セキュリティ: Salesforce への接続時に使用するセッションのセキュリティ オプションです。Salesforce が信頼できるIP範囲を使用するように構成されていない場合は、[APIセキュリティトークン]を選択します。もしも「信頼できるIP範囲」が選択されている場合、APIセキュリティトークンの値は必要ありません。

  • ユーザー:Salesforce での認証に使用される共有アカウントのユーザー名です。
  • パスワード: Salesforce での認証に使用される共有アカウントのパスワードです。
  • API セキュリティ トークン: API ベースのアクセスを可能にする、ユーザー固有の Salesforce API セキュリティ トークンです。このトークンは、通常、パスワードが変更されるたびに Salesforce ユーザーにメールで送信されます。これは、[セッションセキュリティ] で [信頼済み IP 範囲を使用] が選択されている場合は必要ありません。
  • OAuthアプリのフィールドSalesforce組織でOAuthアプリとしてData Prepを設定するには、以下の「Salesforceの設定」セクションの手順に従ってください。これらの手順を完了すると、必要な値を見つけることができます。

  • 使用者キー:Data PrepのSalesforce LightningコネクタがSalesforceに対してそれ自体を識別するために使用する値OAuth 2.0 では、この値はクライアント ID と呼ばれます。

  • コンシューマ シークレット:Data PrepのSalesforce Lightning コネクタがコンシューマキーの所有権を確立するために使用するシークレットです。OAuth 2.0 では、この値はクライアント シークレットと呼ばれます。

Salesforceの設定:

Salesforce Lightningコネクターは、Salesforce REST APIとOAuthを利用します。このステップは、Salesforce管理者が行う必要があります。

接続を確立するには:

  • Salesforce管理者は、Salesforceで「接続済みアプリ」を作成する必要があります。
  • Salesforce管理者は、Salesforceにアクセスしているクライアント(Data Prepコネクター)を識別するために、「接続済みアプリ」のOAuth認証情報を取得する必要があります。
  • 個々のユーザーが認証する必要があります。

Salesforceでの「接続済みアプリ」の作成

接続済みアプリの背景とSalesforce内のナビゲーションについては、すぐ下にリンクされているSalesforceドキュメントを使用してください。指定されたフィールドを設定する方法については、以下のガイドを使用してください。

Salesforceの手順:Salesforce Instructions: 1https://help.salesforce.com/articleView?id=connected_app_create.htm&type=51

  • OAuth設定を有効にする:このオプションを選択します。
  • コールバックURL:SalesforceではコールバックURLを定義する必要がありますが、Data Prepには必要ありません。

  • 簡単にするために、Data Prep URLを使用してください。

  • 選択されたOAuthスコープ

  • 利用可能なOAuthスコープ」で、[データへのアクセスと管理(api)]を選択し、[追加]ボタンをクリックします。

  • Webサーバーフローにシークレットを要求する:Data PrepがOAuth使用者シークレットを安全に保存するように、このオプションを選択します。

  • 必ず「保存」を押してください。

「接続済みアプリ」のOAuth認証情報

保存時:

  • 「接続済みアプリ」のOAuth認証情報を含むページが表示されます。

  • コンシューマーキー:これをコピーして保存します。

  • コンシューマーシークレット:[クリックして表示]リンクをクリックします。

  • OAuth Webサーバーフローの信頼できるIP範囲

    • 顧客がIPアドレスのリストへのアクセスをさらに制限したい場合は、Data PrepサーバーのIPアドレスがここに追加されます。

データインポート情報

ブラウジング経由

  • すべてのオブジェクトはアルファベット順にリストされています。

  • カスタムオブジェクトもアルファベット順に表示され、最後に「__c」が付きます。

  • 名前空間を持つオブジェクトも、名前空間の下にアルファベット順に表示されます。

  • 上部にあるレポートのフォルダー

SQLクエリー経由

Salesforceコネクターでのクエリの使用は、Salesforceオブジェクトクエリ言語のSOQLと呼ばれるSalesforce独自のクエリ言語に依存しています。これに関する情報については、https://developer.salesforce.com/docs/atlas.en-us.soql_sosl.meta/soql_sosl/sforce_api_calls_soql.htmを参照してください。

ここにいくつかのクエリの例:

  1. エスケープ文字を含むクエリー

    SELECT Id FROM Account WHERE Name LIKE 'Ter%'

  2. 関数を含むクエリ アカウントからcount(id)を選択

    SELECT Name, MAX(Amount), MIN(Amount) FROM Opportunity GROUP BY Name

  3. エイリアスを使用したクエリー

    SELECT a.Id, c.Id, c.name FROM Contact c, c.Account a WHERE a.name = 'MyriadPubs'

  4. Where句のnull

    SELECT AccountId FROM Event WHERE ActivityDate != null

  5. Where句のSubQuery

    SELECT Id, Name FROM Account WHERE Id IN ( SELECT AccountId FROM Opportunity WHERE StageName = 'Closed Lost' )

  6. GroupBy句で

    SELECT LeadSource, COUNT(Name) FROM Lead GROUP BY LeadSource

  7. エイリアスとしてのフィールド
    SELECT Name n FROM Opportunity

  8. TYPEOF によるクエリー SELECT TYPEOF What WHEN Account THEN Phone, NumberOfEmployees WHEN Opportunity THEN Amount, CloseDate ELSE Name, Email END FROM Event

  9. 関係性クエリー(親へ)

    SELECT Contact.FirstName, Contact.Account.Name FROM Contact

  10. 関係性クエリー(子へ)

    SELECT Account.Name, (SELECT Contact.LastName FROM Account.Contacts) FROM Account

  11. カスタムオブジェクトを使用した関係性クエリー

    SELECT Opportunity__c, Id, Opportunity__r.Name, Opportunity__r.Owner.Manager.Email, Opportunity__r.Owner.Email FROM Opportunity_Change__c

  12. Select句のサブクエリー

    SELECT Amount, Id, Name, ( SELECT Quantity, ListPrice, PricebookEntry.UnitPrice, PricebookEntry.Name FROM OpportunityLineItems ) FROM Opportunity

ベストプラクティス

  • Salesforceへのエクスポート:

  • ほとんどの組織には、Salesforce内で情報を一括更新するためのプロセスが定義されています。このため、Data Prep Salesforceコネクターはインポートのみをサポートしています。

  • データをSalesforceにエクスポートするには、データのCSVファイルをローカルにダウンロードし、組織のガイドラインに従ってSalesforceにアップロードします。
  • データをSalesforceに一括ロードする方法の詳細については、https://help.salesforce.com/articleView?id=data_import_wizard.htm&type=5を参照してください。

技術的な仕様

  • Salesforce REST API v40.0の利用

FAQ/トラブルシューティング/一般的な問題

Salesforceカスタムレポートの行制限

Salesforce APIは、Salesforceレポートを2000行の結果セットに制限します。

列データ型の処理

Salesforceからデータをインポートする場合、Data Prepは、参照時とクエリ時で列のデータ型を異なる方法で処理します。

  • 参照してインポート:

  • 列のデータ型は、Salesforceオブジェクトのメタデータを使用して識別され、Data Prepの内部型にマッピングされます。

  • SOQLクエリのインポート:

  • Salesforce SOQLの結果は列の特定のデータ型を返さず、Data Prepはクエリまたはクエリ結果を解析して列のデータ型を決定しません。その結果、すべてのクエリ結果はテキストとして解釈されます。

「2013-11-13」を含む「CloseDate」列を持つSalesforce Opportunity SObject行をインポートする場合、CloseDateは次のようにインポートされます。

  • 参照してインポート:DateTime

  • "2013-11-13T00:00:00.000-08:00"

  • SOQLクエリー:テキスト

  • "2013-11-13"


更新しました February 22, 2022
Back to top