Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Data Prep用のSalesforce Marketing Cloudコネクター

ユーザーペルソナ:Data Prepユーザー、Data Prep管理者、データソース管理者、またはIT/DevOps



備考

この文書は、コネクターの設定中に利用できるすべての構成フィールドについて論じています。一部のフィールドは、設定の以前の手順で管理者によってすでに入力されている場合があり、表示されない場合があります。Data Prepのコネクターフレームワークの詳細については、Data Prepコネクターのセットアップを参照してください。また、管理者がデータソースのリストでこのコネクターに別の名前を付けている場合もあります。

Data Prepの設定

このコネクターを使用すると、Salesforce Marketing Cloudに接続して、利用可能なデータを参照およびインポートできます。次のパラメーターを使用して、接続を設定します。

一般

  • 名前:UIでユーザーに表示されるデータソースの名前。

  • 説明:UIでユーザーに表示されるデータソースの説明。

ヒント

複数のSalesforceマーケティングクラウドアカウントへのData Prepを接続することができます。わかりやすい名前を使用すると、ユーザーが適切なデータソースを識別する上で非常に役立ちます。Data Prep SaaSを使用している場合は、Data Prep DevOpsにこのセットの希望の旨をお知らせください。

Salesforce Marketing Cloudの設定

  • ユーザー: Salesforce Marketing Cloud のユーザーです。
  • パスワード: Salesforce Marketing Cloud ユーザーのパスワードです。
  • タイムアウト: 操作がタイムアウトするまでの待機時間(秒単位)です。デフォルト値はありません。

Webプロキシ設定

プロキシサーバーを介してSalesforce Marketing Cloudに接続する場合、これらのフィールドはプロキシの詳細を定義します。

  • Web プロキシ: プロキシが不要な場合は [なし]、プロキシ サーバー経由で Salesforce Marketing Cloud に接続する必要がある場合は [プロキシ] を選択します。Webプロキシサーバーが必要な場合、プロキシ接続を有効にするには以下のフィールドが必要です。
  • プロキシ ホスト: Web プロキシサーバーのホスト名または IP アドレスです。
  • プロキシサーバー:Saleのプロキシサーバー上のポート。
  • プロキシ ユーザー名:プロキシ サーバーのユーザー名です。
  • プロキシ パスワード: プロキシサーバーのパスワード。

備考

認証されていないプロキシ接続では、ユーザー名とパスワードを空白のままにします。

データのインポート/エクスポート情報

ブラウジング経由

テーブルを参照し、インポートするテーブルを「選択」します。

SQLクエリー経由

正当なSQL選択クエリの使用

  • 日付/時刻値の場合、> と < だけがWHERE句でサポートされています。
  • 日付/時刻以外の値の場合、=、!=、<>、>、>=、<、<=、INがWHERE句でサポートされています。

Salesforceオブジェクト

名前 タイプ 説明
アカウント Marketing Cloudアカウント
AccountUser アカウント内の個々のユーザーこの表は削除をサポートしていません。
BusinessUnit 大規模なEnterpriseまたはEnterprise 2.0アカウント内のユニットこの表は、クエリと更新のみをサポートします。
ContentArea ContentAreaは、再利用可能なコンテンツの定義済みセクションを表します。
DataExtension アカウント内のデータエクステンションを表します。
Eメール Marketing CloudアカウントのEメールを表します。
EmailSendDefinition メッセージ情報、送信者プロファイル、配信プロファイル、およびオーディエンス情報を含むレコード
FileTrigger 将来の使用のために予約されています。この表は削除をサポートしていません。
FilterDefinition フィルターで指定されたルールに基づいてオーディエンスを定義します。この表は挿入をサポートしていません。
ImportDefinition インポートオプションの再利用可能なパターンを定義します。この表は挿入をサポートしていません。
List 購読者のマーケティングリスト
Portfolio Marketing Cloudアカウントのポートフォリオ内のファイルを示します。
ProgramManifestTemplate 将来の使用のために予約されています。この表は、削除または挿入をサポートしていません。
QueryDefinition SOAP APIによってアクセスおよび実行されるSQLクエリアクティビティを表します。この表は更新または挿入をサポートしていません。
ReplyMailManagementConfiguration アカウントでの返信メール管理の詳細設定この表は削除をサポートしていません。
送信 Eメールの送信と集計データの取得に使用されます。この表は、削除または更新をサポートしていません。
SendClassification Marketing Cloudアカウントの送信分類を表します。
SenderProfile Eメール送信定義と組み合わせて使用される送信プロファイル
SMSTriggeredSend SMSトリガー送信の単一インスタンスを示します。この表は、削除または更新をサポートしていません。
Subscriber EメールまたはSMS通信を受信するように登録した人
SuppressionListDefinition さまざまなコンテキストに関連付けることができる抑制リスト
TriggeredSendDefinition リストIDがすべての購読者リストIDであるTriggeredSendDefinitionを作成または更新するには、Eメール - 購読者 - すべての購読者 - 表示およびSendEmailToListの権限が必要です。
自動化 表示 アカウントのAutomation Studio内に存在するオートメーションを定義します。
BounceEvent 表示 Eメールメッセージのバウンスの特定のイベントに関連するSMTPおよびその他の情報が含まれています。
ClickEvent 表示 メッセージに含まれるリンクのクリックに関する、日時情報、およびURL IDおよびURLが含まれます。
DataExtensionField 表示 データ拡張内のフィールドを表します。
DataExtensionTemplate 表示 アカウント内のデータエクステンションテンプレートを表します。
DataFolder 表示 Marketing Cloudアカウントのフォルダーを表します。
DoubleOptInMOKeyword 表示 DoubleOptInMOKeywordオブジェクトは、MOキーワードを定義し、モバイルユーザーがダブルオプトインワークフローを使用してSMSメッセージを購読できるようにします。
FileTriggerTypeLastPull 表示 将来の使用のために予約されています。
ForwardedEmailEvent 表示 購読者が友人への転送機能を使用して、Eメールを他の人に送信したことを示します。
ForwardedEmailOptInEvent 表示 Forward To A Friendイベントに関連するオプトインイベントを指定します。
HelpMOKeyword 表示 アカウントのHELP SMSキーワードに関連付けられたアクションを定義します。
ImportResultsSummary 表示 ImportDefinitionから開始された個々のインポートに関するステータスと集計情報を含む取得専用オブジェクト
LinkSend 表示 送信内のリンクに関する情報を提供します。
ListSend 表示 完了した送信のリストに関連付けられている取得専用のプロパティを指定します。
ListSubscriber 表示 サブスクライバーのリストまたはリストのサブスクライバーを取得します。
MessagingVendorKind 表示 SMS(ショートメッセージサービス)またはボイスメッセージベンダーのベンダーの詳細が含まれています。廃止。
NotSentEvent 表示 Eメールメッセージの送信に失敗したときの情報が含まれています。
OpenEvent 表示 サブスクライバーによって送信されたメッセージの開封に関する情報が含まれています。
PrivateIP 表示 PrivateIPオブジェクトには、メッセージ送信の一部として使用されるプライベートIPアドレスに関する情報が含まれています。
Publication 表示 将来の使用のために予約されています。
PublicationSubscriber 表示 パブリケーションリストのサブスクライバーについて記述します。
PublicKeyManagement 表示 将来の使用のために予約されています。
ResultItem 表示 非同期API呼び出しの結果が含まれます。
ResultMessage 表示 非同期呼び出しの結果を含むメッセージ
役割 表示 アカウントのユーザーに割り当てられるロールと権限を定義します。
SendEmailMOKeyword 表示 MOメッセージで定義されたEメールアドレスにトリガーされたEメールメッセージを送信するアクションを定義します。
SendSMSMOKeyword 表示 指定されたMOキーワードを受信したときに実行するアクションを定義します。
SendSummary 表示 特定の送信イベントに関するサマリー情報を含む取得のみのオブジェクト
SentEvent 表示 個々のサブスクライバーに関する情報など、送信に関連する追跡データが含まれます。
SMSMTEvent 表示 サブスクライバーに送信される特定のSMSメッセージに関する情報が含まれます。
SMSSharedKeyword 表示 Marketing CloudアカウントのSMSメッセージで使用するキーワードをリクエストするために使用される情報が含まれています。
SMSTriggeredSendDefinition 表示 SMSメッセージの送信定義を定義します。
SubscriberList 表示 特定のサブスクライバーのリストを取得するために使用します。
SubscriberSendResult 表示 将来の使用のために予約されています。
SuppressionListContext 表示 SuppressionListDefinitionを関連付けることができるコンテキストを定義します。
SurveyEvent 表示 調査回答が行われた日時に関する情報が含まれています。
テンプレート 表示 Marketing CloudアカウントのEメールテンプレートを表します。
TimeZone 表示 アプリケーションの特定のタイムゾーンを表します。
TriggeredSendSummary 表示 特定のトリガーされた送信の結果の概要。
UnsubEvent 表示 サブスクライバーが実行した特定のサブスクリプション解除アクションに関する情報が含まれています。
UnsubscribeFromSMSPublicationMOKeyword 表示 サブスクライバーがSMSパブリケーションリストからサブスクライブ解除するために使用するキーワードを定義します。

更新しました February 22, 2022
Back to top