Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Data Prep用Tableau Hyperコネクター

ユーザーペルソナ:Data Prepユーザー、Data Prep管理者、またはデータソース管理者



備考

この文書は、コネクターの設定中に利用できるすべての構成フィールドについて論じています。一部のフィールドは、設定の以前の手順で管理者によってすでに入力されている場合があり、表示されない場合があります。Data Prepのコネクターフレームワークの詳細については、Data Prepコネクターのセットアップを参照してください。また、管理者がデータソースのリストでこのコネクターに別の名前を付けている場合もあります。

Data Prepの設定

このコネクタを使用すると、エクスポート先としてTableauに接続できます。次のフィールドを使用して、接続パラメーターを定義します。

一般

  • 名前:UIでユーザーに表示されるデータソースの名前。
  • 説明:UIでユーザーに表示されるデータソースの説明。

ヒント

Data Prepは複数のTableauアカウントに接続できます。わかりやすい名前を使用すると、ユーザーが適切なデータソースを識別する上で非常に役立ちます。Data Prep SaaSを使用している場合は、Data Prep DevOpsにこのセットの希望の旨をお知らせください。

Tableauの設定

  • TableauサーバーのURL:Tableauサーバーが稼働するURL(httpまたはhttps)。必要な場合はポートを含めます。Tableau Onlineの場合、URLには10az、10ay、またはus-east-1などのポッド名が含まれている必要があります。
  • サイト:Data Prepがデータソースを公開するTableauサイト。
  • プロジェクト:Data Prepがデータソースを公開するTableauプロジェクト。
  • Tableauのデータソースを上書きする:同じ名前のデータソースが既に存在する場合は、上書きします。

Tableauの資格情報

  • ユーザー名:Tableauで認証するためのユーザー名またはメールアドレス。
  • パスワード:Tableauで認証するためのパスワード。

Webプロキシ

プロキシサーバーを介してTableauに接続する場合、これらのフィールドはプロキシの詳細を定義します。

  • Webプロキシ:プロキシが不要な場合は「なし」、プロキシサーバー経由でTableau RESTエンドポイントに接続する場合は「プロキシ」。Webプロキシサーバーが必要な場合、プロキシ接続を有効にするには以下のフィールドが必要です。
  • プロキシホスト:Webプロキシサーバーのホスト名またはIPアドレス。
  • プロキシポート:データソースのプロキシサーバー上のポート。
  • プロキシユーザー名:プロキシサーバーのユーザー名。
  • プロキシパスワード:プロキシサーバーのパスワード。 認証されていないプロキシ接続では、ユーザー名とパスワードを空白のままにします。

データエクスポート情報

ブラウジング経由

ファイルは、Tableauコネクター/データソース設定で定義された指定されたサイトおよびプロジェクトに公開されます。

ブラウジングUIにはディレクトリは表示されません。エクスポート表示の[選択]ボタンをクリックして、指定したサイトとプロジェクトにエクスポートします。

AnswerSetはTableau Hyper Extract (.hyper)ファイルに変換され、ここで定義する指定されたサイトとプロジェクトに公開されることに注意してください。

SQLクエリー経由

サポートされていません。

技術的な仕様

デプロイシナリオ

Tableau Hyperコネクターは、Tableau SDKのネイティブライブラリを使用して.hyperファイルを書き込みます。これらのネイティブライブラリを使用できるようにするサポートされているデプロイシナリオが2つあります。

  1. コネクターにバンドルされているネイティブライブラリを使用します。これが推奨されるアプローチです。
  2. Tableau SDKをホストシステムにインストールし、コネクターzipから抽出されたネイティブライブラリを削除します。

追加情報が必要な場合や、Tableau Hyper ConnectorのSDKをインストールする上でサポートが必要な場合は、カスタマーサクセス担当者にお問い合わせください。

FAQ/トラブルシューティング/一般的な問題

Tableauコネクターが2つあるのはなぜですか?違いは何ですか?

Tableau「.tde」は古い抽出タイプであり、Tableauの抽出APIのバージョン1.0で実装されました。Tableauの「.hyper」コネクターはより新しく、Tableauの抽出APIのバージョン2.0に基づいています。両方のコネクターがアカウントに共存できるように、「.hyper」コネクターを完全に新しいコネクターとして構築したため、実行しているTableauのバージョンが多数ある顧客は、Tableauの各インスタンスに最適なコネクターを選択することができます。


更新しました February 22, 2022
Back to top