Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Data Prep用のTableau TDEコネクター

ユーザーペルソナ:Data Prepユーザー、Data Prep管理者、データソース管理者、またはIT/DevOps



備考

この文書は、コネクターの設定中に利用できるすべての構成フィールドについて論じています。一部のフィールドは、設定の以前の手順で管理者によってすでに入力されている場合があり、表示されない場合があります。Data Prepのコネクターフレームワークの詳細については、Data Prepコネクターのセットアップを参照してください。また、管理者がデータソースのリストでこのコネクターに別の名前を付けている場合もあります。

Data Prepの設定

このコネクターを使用すると、エクスポート先としてTableauサーバーおよびTableau Onlineに接続できます。次のフィールドを使用して、接続パラメーターを定義します。

一般

  • 名前: UIでユーザーに表示されるデータソースの名前。
  • 説明:UIでユーザーに表示されるデータソースの説明。

ヒント

Data Prepは複数のSnowflakeアカウントに接続できます。わかりやすい名前を使用すると、ユーザーが適切なデータソースを識別する上で非常に役立ちます。

Tableau サーバー

  • Tableau サーバーの URL:Tableau サーバーが実行される URL(http または https)です。必要な場合はポートを含めます。

  • サイト:Data Prepがデータソースを公開するTableauサイト。

  • プロジェクト:Data Prepがデータソースを公開するTableauプロジェクト。

Tableauの資格情報

  • ユーザー名:これはTableauのユーザー名です。

  • パスワード:これはTableauのパスワードです。

データエクスポート情報

ブラウジング経由

  • ブラウジングインターフェイスにはTableauのディレクトリアイテムが表示されないことに注意してください。ファイルは、エクスポート時に選択された宛先ではなく、Tableauコネクター/データソース設定で定義された指定されたサイトおよびプロジェクトに公開されます。

  • AnswerSetは、Tableauデータ抽出(.tde)ファイルに変換され、コネクター/データソース設定で定義した指定されたサイトおよびプロジェクトに公開されることに注意してください。

SQLクエリー経由

  • サポートされていません。

技術的な仕様

  • Tableauサーバーとの通信を可能にし、TDEファイルをエクスポートするには、Tableau SDK(ネイティブライブラリ)をData Prepサーバーホストにインストールする必要があります。

  • Tableauコネクター SDK

FAQ/トラブルシューティング/一般的な問題

  • Data PrepからTableauにエクスポートするときにTableauパーミッションの問題が発生することは珍しくありません。

更新しました February 22, 2022
Back to top