Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Data Prep用のThoughtSpotコネクター

ユーザーペルソナ:Data Prepユーザー、Data Prep管理者、データソース管理者、またはIT/DevOps



備考

この文書は、コネクターの設定中に利用できるすべての構成フィールドについて論じています。一部のフィールドは、設定の以前の手順で管理者によってすでに入力されている場合があり、表示されない場合があります。Data Prepのコネクターフレームワークの詳細については、Data Prepコネクターのセットアップを参照してください。また、管理者がデータソースのリストでこのコネクターに別の名前を付けている場合もあります。

Data Prepの設定

このコネクターを使用すると、Data Prep AnswerSetをThoughtSpotにエクスポートできます。次のフィールドを使用して、接続パラメーターを定義します。

一般

  • 名前:UIでユーザーに表示されるデータソースの名前。
  • 説明:UIでユーザーに表示されるデータソースの説明。

ヒント

Data Prepを複数のThoughtSpotインスタンスに接続できます。わかりやすい名前を使用すると、ユーザーが適切なデータソースを識別する上で非常に役立ちます。

ThoughtSpot サーバーの構成

  • ホスト名: ThoughtSpot サーバーのホスト名または IP アドレスです。
  • ポート:ThoughtSpotサーバーポート。標準ポートは22です。

ThoughtSpot ユーザーの構成

  • ユーザー:ThoughtSpot サーバーのユーザー。(これはSSH ユーザー名であり、ThoughtSpot Webアプリのログインに使用するユーザー名ではありません。ログイン資格情報の詳細については、Thoughtspotドキュメントを参照してください。)

  • パスワード: ThoughtSpot サーバーのユーザーのパスワード。

エクスポート設定

  • 既存のテーブルにエクスポートする場合の動作: エクスポートをする際に、指定したデータベースとスキーマに既に同じ名前のテーブルが既に存在する場合の Data Prepの動作を選択します。

    • 新しいデータを既存の表に追加する:Data Prepは、データの新しい行を既存の表に追加します。

    • 既存テーブルを削除して新規作成する: Data Prepはすべての既存の行と列を削除し、新しいテーブルを作成して新規データを追加します。

    • ターゲット表を空にして新しいデータを追加する:Data Prepは、既存の表を保持しますが、行の値を削除して新しいデータを入力します。

備考

エクスポートで指定された名前に一致する既存の表がない場合、すべてのオプションは同等です。それらはすべて新しい表を作成し、データセットからすべての行を読み込みます。

データエクスポート情報

ブラウジング経由

ThoughtSpot内のデータベースとスキーマのリストを表示します。

SQLクエリー経由

サポートされていません。

ベストプラクティス

コネクター構成およびデータソース構成のセットアップ中に、エクスポートの動作を選択するオプションがあります。これらの設定は一度構成され、何度も使用されます。これにより、1つのエクスポートでテーブルを切り捨て、もう1つを追加する場合は、この設定を空白のままにして1つのコネクター構成を作成してから、2つのデータソース構成を作成する必要があります。1つは追加動作を指定し、もう1つは切り捨て動作を指定します。データソースには明確な名前を付けてください。


更新しました February 22, 2022
Back to top