Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

AIカタログ

カタログを使用すると、データの検索、共有、タグ付け、および再使用をシームレスに行うことができるので、運用までの時間を短縮してコラボレーションを促進することができます。ビジネスの問題に対処するために必要なデータに容易にアクセスできると同時に、セキュリティ、コンプライアンス、および一貫性が保証されます。このセクションの詳細:

トピック 説明...
データのロード/プロジェクトの作成 AIカタログからプロジェクトの開始。
アセットの操作 既存のアセットの操作
スナップショットのスケジュール スナップショットのスケジュールと更新
Spark SQLでのデータの準備 データセットとSpark SQLをアンサンブルします。

重要

オンプレミスのユーザーの場合、AIカタログで検索一致、関連性、ランキングを大幅に改善するには、Elasticsearchを有効にすることをお勧めします。Elasticsearchの設定とデプロイに関しては、DataRobotの担当者にお問い合わせください。

AIカタログは、データおよび関連アセットを操作するための一元化されたコラボレーションハブです。DataRobotのランディングページでは、従来の方法またはAIカタログを使用してプロジェクトを開始するオプションを提供しています。

  • シンプルなデータ準備を実行し、特定の結果でSQLスクリプトを使用する
  • プロジェクトを完全に作成することなくデータセットを作成する
  • 必要なアセットの検索、アクセス、削除、および再使用を行う
  • プロジェクトを共有せずにデータを共有し、データ重複のリスクとコストを削減する
  • 整理、特徴量化されたデータセットを直接使用することによって予測までの時間を劇的に向上させる(データセットはDataRobotのバッチ予測機能で使用できます)
  • データセキュリティおよびガバナンスをサポートし、モデルへの適応までの速度を向上させます(カタログの選択・追加、役割ベースの共有、および監査証跡の機能が備えられています)

更新しました January 4, 2022
Back to top