Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

関係性の品質評価での速度向上

本機能の提供について

パブリックプレビュー機能として利用できる関係性の品質評価での速度向上は、デフォルトで オン になっています。 この機能を無効にする方法については、DataRobotの担当者または管理者にお問い合わせください。

機能フラグ:特徴量探索で関係性の品質評価の高速化を有効にします

関係性の品質評価(RQA)では、結合キー、データセットの選択、時間認識設定を検証することにより、特徴量探索プロジェクトの関係性設定をテストできます。その結果は、EDA2が開始される前に、設定の問題を見つけて修正するのに役立ちます。 通常、特定のユースケースに最適な設定を見つけるには、関係性のテストを複数回行う必要がありますが、現在のRQAの実行時間が長すぎてこれを実現できません。

実行時間を短縮するために、DataRobotはプライマリーデータセットの約10%をサブサンプリングすることで、エンリッチメントレートの推定精度や評価結果に影響を与えることなく、計算の高速化を実現します。 評価が終了すると、サンプリングの割合がレポートの上部に表示されます。


更新しました April 19, 2023
Back to top