Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

AIカタログでスナップショットをスケジュール

本機能の提供について

スナップショットの更新をスケジュールをするには、AIカタログを有効にする必要があります。オンプレミスのインストールの場合、モデル管理サービスもインストールする必要があります。

必要に応じてデータセットが常にデータソースと同期できるように、DataRobotでは自動的にスケジュールされた更新メカニズムが提供されています。AIカタログでは、コンシューマーレベル以上のデータセットアクセス権を持つユーザーであれば、スナップショットを日単位、週単位、月単位、年単位でスケジュールできます。ファイルを除く任意のデータアセットタイプ(HDFS、JDBC、Spark、およびURL)を更新できます。

備考

資格情報の保存機能が有効でない場合は、データセットの更新をスケジュールしないでください(対象のデータソースでURLやHDFSなどの資格情報が必要ない場合を除きます)。

更新タスクのスケジュール

複数の更新タスクをスケジュールできます。制限はデータセットとユーザーに個別に適用されます。

データセットのスナップショットをスケジュールするには:

  1. メインのカタログリストから、更新タスクをスケジュールするアセットを選択します。

  2. 更新をスケジュールリンクをクリックしてスケジューラーを展開します。

  3. アセットソースがJDBCまたはHDFSの場合、ログインダイアログが表示されます。アセットに関連付けられているアカウント資格情報を選択します。DataRobotは、スケジュール済みタスクを実行するたびにこれらの資格情報を使用します。資格情報が受け入れられると(または資格情報が必要ない場合も)、スケジューラーが開きます。

  4. フィールドに入力してタスクを設定します。

    フィールド 説明
    名前(1) 更新ジョブの名前を入力します(またはデフォルトのままにします)。
    カレンダーピッカー(2) 間隔設定の基準を設定します。
    間隔(3) カレンダー設定に基づいて、間隔のドロップダウンで頻度を毎日、毎週、毎月、または毎年に設定します。選択した日の時刻は、ジョブがスケジュールされたときのタイムスタンプに常に設定されます。
    サマリー(4) 選択されたスケジュール済みタスクのサマリー(間隔、アクティブか一時停止中かなど)が表示されます。この情報はDataRobotから提供され、ジョブに変更を加えると更新されます。
  5. 保存をクリックしてアセットの更新をスケジュールします。DataRobotは最後の実行ステータスは、スケジュールされたジョブ名でレポートされます。

カレンダーピッカーの使用

カレンダーセレクターを使用して、更新の曜日、月の日付、または年の日付の基準となる日付を選択します。

更新は、(設定された時間に応じて)特定の日付またはそれ以降に開始されます。たとえば、6月21日が選択されている場合、更新の開始は次のようになります。

  • その日または翌日(6月22日)のタイムスタンプの時間に毎日
  • 毎週の特定の曜日(日曜日ごとにタイムスタンプの時間)
  • 毎月決まった日(毎月21日のタイムスタンプ
  • 毎年のその日(毎年6月21日のタイムスタンプの時間)

タイムピッカーをクリックします。矢印を使用して時間を変更し、スナップショットを更新する現地時間にタイムスタンプを設定します。全体のカレンダービューに戻るには、日付をクリックします。

スケジュール済みタスクの操作

スケジュールすると、さまざまな方法でタスクを変更できます。タスクに関連付けられたメニューを使用して、オプションにアクセスします。

  • ジョブの一時停止:スケジュールされたタスクを無期限で一時停止します。一時停止すると、「スケジュール済み」ラベルが「一時停止」に変わり、メニュー項目が「ジョブを再開」に変わります。スケジュール済みタスクを再度有効にするには、このアクションを使用します。一時停止されたジョブはタスク制限の対象ではなくなります。

  • 編集:スケジューラーのインターフェイスを使用してタスク設定を変更できます。

  • 資格情報の管理:資格情報の選択モーダルを開くと、データセットに関連する資格情報を変更できます。

  • 削除:スケジュール済みタスクを削除します。

更新制限設定

更新に関連するアクティビティのデフォルトと最大値を次の表に示します。

本機能の提供について

オンプレミスでのインストールの場合、Maximum(最大)設定をデフォルトとみなしてください。

デフォルト maximum(最大)
ユーザーに対して有効化されたデータセット更新ジョブ 10 100
データセットに対して有効化されたデータセット更新ジョブ 5 100
データセットの更新ジョブが自動的に無効になるまで保存されるスナップショット 25 1000

更新しました February 22, 2022
Back to top