Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

列を埋める

Data Prep入力操作を使用して、空白の直前にまたは次の既知の値に基づいて、列内に空白のセルを入力します。列に空白補完関数を適用するには、列の操作メニューにカーソルを合わせ、ドロップダウンで[Fill(空白補完)]までスクロールして、アクションを選択します。Group by(グループ化条件)オプションとSort by(ソート条件)オプションは、すべての空白補完操作に適用できます。[保存]をクリックして、入力値をプロジェクトに適用します。

  • 後の値で補完:データポイントが欠損した場合、次に使用可能な空白以外の値を使用して入力されます。
  • 前の値で補完:データポイントが欠損している場合は、最後に表示された空白以外の値を使用して入力されます。
  • 平均で補完:データポイントが欠損した場合、パーティション内で最も近い前と次の空白以外の値の平均値が入力されます。入力値が同じでなので、連続する空白セルは同じ値で埋められます。
  • 線形補完:データポイントがない一連のセルには、それらの空白セルの前後にあるセルのそれぞれの値を結ぶ直線に適合する値が入力されます。すべての欠損値に同じ平均値が割り当てられる「平均で補完」とは異なることに注意してください。線形補完では線形平均が計算されて、欠損値の数に基づいて値が調整されます。

備考

平均補完と線形補完は、数値列タイプにのみ適用できます。


更新しました February 22, 2022
Back to top