Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Data Prepのベーシック機能ツアー

このトピックでは、Data Prepアプリケーションの主要コンポーネントを見ていきます。

ライブラリ

Data Prepライブラリでは以下を実行します。

  • データセットを追加および管理する。
  • 準備されたデータセット、AnswerSetsを公開する。
  • 自動化用のデータセットを設定する。
  • 新しいバージョンを追加する。
  • データセットのプロファイルを作成する。
  • データセットのインポート時に発生する警告またはエラーを表示する。

データセットをライブラリにインポートした後に、プロジェクト内のデータの準備を開始できます。データの準備が完了したら、AnswerSet(公開されたデータセット)としてライブラリに公開できます。

詳細については、Data Prepライブラリを参照してください。

プロジェクト

プロジェクトページには、ユーザーが表示する権限を持つすべてのプロジェクトが一覧表示されます。

データセットをプロジェクトに追加すると、データセットを探索して、クリーンアップ、変換、または他のデータと組み合わせることができます。

ライブラリへの変更をAnswerSetとして公開し、別のプロジェクト内でエクスポートまたは使用することができます。

詳細については、Data Prepプロジェクトページを参照してください。

プロジェクトの準備

プロジェクトを開くには、プロジェクトページでプロジェクトをクリックするか、ライブラリから新しいプロジェクトを開始します。プロジェクトを開いたら、データの準備を開始できます。

要素 説明
ツールバー データの準備に使用するプロジェクトツールバーには、画面左側からアクセスできます。
ステップツール ステップツールには実行した各操作が保存され、ステップを再生、ミュート、および再配置できるようになります。
プレビューの表示ペイン データはデータプレビューペインに表示されます。
列操作メニュー 各列の上から、列操作にアクセスして列を更新できます。

詳細については、Data Prepプロジェクトの準備ページを参照してください。

データ

コンピューター上のローカルファイルまたは接続されているデータソースからデータをインポートできます。Data Prepシステム管理者は、データソースからインポートする前に、データソースを設定する必要があります。接続できるデータ ソースの例として、次のようなものがあります。

  • Amazon S3 などのクラウドストレージ
  • Hadoop Distributed File System(HDFS)
  • MySQL などのリレーショナルデータベース
  • Secure File Transfer Protocol(SFTP)

Data Prepナビゲーション

Data Prepヘッダーは、ナビゲーション、ヘルプ、およびアカウント管理機能を提供します。

要素 説明
ナビゲーションメニュー Data Prepページ間の移動:
  • ライブラリ:インポートされた公開されたデータにアクセスします。
  • プロジェクト:データの準備。
  • 管理: データソースに接続し、ユーザーの権限を制御します。
  • プロジェクトフロー:データ準備プロセスを自動化します。
備考:各ユーザーが利用できるページは、ユーザーの権限に基づいています。
通知アイコン Data Prepが警告またはエラーを生成するときに表示されます。強調表示されている場合、アイコンの上にカーソルを合わせるとメッセージが表示されます。
ヘルプ Data Prepのヘルプを取得します。
ユーザーメニュー パスワードの更新やログアウトなど、アカウント固有のオプションにアクセスします。アプリケーションのアクセスと承認を管理するために使用されるトークンを生成することもできます。Data Prepシステム管理者は、トークンを生成する必要があるときに通知します。
検索 ページに固有の検索です。たとえば、ライブラリページではデータセットを検索でき、プロジェクトページではプロジェクトを検索できます。

更新しました February 22, 2022
Back to top