Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

データを準備します

DataRobot Data Prepを使用してデータを準備するには、データをインポートして開始します。ローカルデータセットをインポートするか、外部データソースに接続できます。このクイックスタートでは、ローカルデータセットのインポートについて説明します。

クイックスタートを完了するには、まずDataRobot Data Prepにログインします。ログインした後、次のステップを完了します:

  1. 自分のライブラリへのデータの追加
  2. プロジェクトの開始
  3. プロジェクトのデータの準備
  4. AnswerSetとしてデータを公開\—データのスナップショット。
  5. 準備したデータのエクスポート

Data Prepライブラリへのデータの追加

このクイックスタートでは、ローカルデータセットをライブラリにインポートします。データをプロジェクトに直接インポートしたり、外部データソースからデータをインポートしたりすることもできます。インポートに関するその他のオプションの詳細については、データセットの操作を参照してください。

  1. DataRobot Data Prepで、左上にあるライブラリを選択します。

  2. ライブラリページの上で、+インポートをクリックします。

  3. ローカルファイルのアップロードをクリックします。

  4. ファイルを参照するか、ファイルをドラッグアンドドロップ領域にドラッグします。

  5. 右下のデータセットのプレビューを確認します。

  6. データが正しいと思われる場合は、右上にある終了をクリックします。

    Data Prepはデータセットをライブラリにインポートし、その準備を開始できます。

Data Prepプロジェクトの開始

次の場所から新しいプロジェクトを開始できます。

  • プロジェクトの開始点として使用するデータセットを選択するライブラリページ。
  • 空のプロジェクトを開始してからデータを追加するプロジェクトページ。

ライブラリからの新しいプロジェクトの開始

  1. 左上にあるライブラリを選択します。
  2. アップロードしたデータセットを見つけて、プロジェクトの作成をクリックします。

  3. 新しいプロジェクトの開始ダイアログで、プロジェクトの新しい名前、およびオプションの説明を入力します。

  4. 作成をクリックします。

プロジェクトページからの新しいプロジェクトの開始

ライブラリからプロジェクトを開始する代わりに、プロジェクトページから開始できます。

  1. 左上にあるプロジェクトを選択します。
  2. ライブラリページの上部にある+追加をクリックします。

  3. プロジェクトおよびオプションの説明を入力します。

  4. 保存して開くをクリックします。

データを準備します

プロジェクトを開始したら、プロジェクトの準備ページでデータの準備を開始できます。

  1. 左側のプロジェクトツールバーを使用して、データをクリーンアップおよび変換します。

    詳細な手順については、プロジェクトツールの操作を参照してください。

  2. 各列の上部にあるメニューを選択して、列操作を適用します。

    詳細な手順については、列データの操作を参照してください。

  3. Data Prepステップを表示、再配置、およびミュートするには、ステップツールを使用できます。

    詳細な手順については、ステップの操作を参照してください。

AnswerSetの公開

準備したデータを保存して共有する準備ができたら、それをAnswerSetとしてライブラリに公開できます。AnswerSetはデータセットに似ていますが、Data Prepの公開された結果です。いったん公開された AnswerSet は、他のプロジェクトで再利用したり、エクスポートして他のアプリケーションと共有したりできます。

プロジェクトのAnswerSetを公開するには、次のステップに従います:

  1. ツールバーのステップをクリックします。

    ステップペインが開きます。

  2. AnswerSetを公開するステップをクリックします。

    Data Prepのデフォルトは、プロジェクトの最後のステップ、つまり一番上のステップです。

  3. ステップペインの上部で、公開するをクリックします。

    AnswerSetをライブラリに公開ウィンドウが表示されます。

  4. AnswerSetの名前を名前フィールドに入力し、説明オプションを選択して公開するをクリックします。

    Data Prepは、AnswerSetをライブラリに公開します。「AnswerSetを公開中」というメッセージが表示されます。

  5. ライブラリに表示をクリックし、ライブラリ内のAnswerSetを表示します。

    AnswerSetには、選択したステップまでのステップが含まれています。

準備されたデータをエクスポートする

データセットとAnswerSetをローカルまたは接続されたデータソースにエクスポートできます。これらのステップは、以前に公開されたAnswerSetのローカルコピーをダウンロードする方法を示しています。

  1. ライブラリページで、エクスポートするAnswerSetにカーソルを合わせて、エクスポートをクリックします。

  2. エクスポートページで、ローカルにダウンロードをクリックします。

  3. エクスポート設定ページで、エクスポートをクリックします。

    AnswerSetは、CSVファイルとしてコンピュータにダウンロードされます。ログのエクスポートページが表示されます。

詳細については、データセットのエクスポートを参照してください。


更新しました February 22, 2022
Back to top