Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

比較演算子

比較演算子を使用して論理的な条件をテストします。ほとんどの場合、TRUEまたはFALSEの値を生成するためにIF関数の最初の引数が使用されます。

Data Prepで使用できる演算子は以下の通りです。

オペレーター 定義 true が返される例
= Equal To 1 + 2 = 3
> Greater Than 3 > 2
>= Greater ThanまたはEqual To 11 >= 10
11 >= 11
< Less Than 2 < 3
<= Less ThanまたはEqual To 10 <= 11
10 <= 10
<> Equal Toない 2 <> 3

数値を含む比較演算子

数値比較のために比較演算子を使用することは簡単です。比較する 2 つの値は、必ずしも同じデータ型を使用しなければなりません。テキスト値“3”は、数値3と同じではありません。

データ型の混合を防ぐために、VALUE 関数を使用して、テキストとして保存されている数字を数値に変換します。たとえば、"3"=3 は FALSE を返しますが、VALUE("3") = 3 は TRUE として評価されます。

テキスト値を含む比較演算子

テキストに対して最もよく使用される比較演算子は =(等しい)です。この演算子は、2つのテキスト文字列が同じであるかどうかを判定する際に使用されます。マッチングを実行する他の文字列関数(FINDなど)と同様に、大文字と小文字が区別されることに備考してください。つまり、"The" と "the" は異なる文字列として扱われます。true の値になるように比較をするには、大文字と小文字を含めて、すべてのテキストが正確に一致する必要があります。<>(同等ではない)の使用は、=(イコール)の使用と同じパターンに従います。テキスト文字列をチェックするときに、大文字と小文字を区別します。

<=(Less Than or Equals To)および> =(Greater Than or Equals To)を含む<(Less Than)および>(Greater Than)を含む比較でさえ、テキスト値に使用できることに備考してください。 文字は数値で表されます。2つの文字は同じではないため、2つの文字は同じ数値を共有していません。

ユーザーがテキスト比較の結果を予測するには、コンピューターでエンコードされた文字を出力する方法についていくつかの追加の情報が必要です。


更新しました February 22, 2022
Back to top