Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

計算されたカスタム列関数

備考

Data Prepカスタム関数は、オンプレミスおよび仮想プライベートクラウドのインストールでのみ利用可能です。Data Prepの管理者は、アプリケーションでこの機能を有効にする必要があります。Data Prepカスタム関数の開発に関するドキュメントについては、DataRobotサポートにお問い合わせください。

組織がカスタム関数を開発して、インストールしている場合、データセット内の既存の列にカスタム関数を適用して新しい列を追加できます。次のセクションでは、カスタム関数で計算ツールを使用する方法を説明します。

カスタム関数の使用

計算ツールでカスタム関数を使用するには:

  1. Data Prepのツールバーで計算をクリックします。

  2. 値の計算ペインで新しい列に名前を付けます。

  3. 列名の下にある式の行にカスタム関数の名前を入力します。式の行の下に関数の使用詳細が表示されます。

  4. 関数で変数として使用する列を選択します。使用ガイドラインに従って表現を作成します。

    この例ではカスタム関数の名前はadd_cfであり、num1num2はデータセット内の列です。

    add_cf(@num1@,@num2@)
    

    式にエラーが含まれている場合、ビルトインと同様、計算ツールにエラーメッセージが表示されます。エラーは解決されるまでステップツール内の計算ステップに表示されます。 5. 新しい列を表示して関数が意図したとおりに機能していることを確認します。

  5. 保存をクリックして新しい列を保存します。


更新しました February 22, 2022
Back to top