Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

論理的に計算された列関数

このセクションでは、Data Prep計算ツールで使用できる論理的に計算された列関数の構文と例を示します。論理関数を使用して列値の論理的関数を評価します。新しい列には、関数結果に応じて、TRUEまたはFALSEが含まれています。

AND

式内のすべての引数がTRUEを評価するかどうか評価します。引数がTRUEを評価する場合、値TRUEが返されます。

構文

AND(ARGUMENT_1, [ARGUMENT_2, ...])

  • ARGUMENT_1は評価する引数です。
  • ARGUMENT_2、...[オプション]は追加の引数です。

AND(@Column_A@, @Column_B@, @Column_C@)

使用に関する注意

提供するARGUMENTは、TRUEまたはFALSE値、値を含む列、または値を返す関数である必要があります。

AND関数は大文字と小文字を区別しないので、TrueTRUE、およびtrueを同じ方法で処理します。同様に、FalseFALSEおよびfalseは同じ方法で処理されます。

IF

与えられたステートメントがTRUEどうかどうかによって、異なる結果を指定できます。

構文

IF(CONDITION, TRUE_VALUE, FALSE_VALUE)

  • CONDITIONは評価したい式です。
  • CONDITIONがTRUEの場合、TRUE_VALUEは関数が返す値です。
  • CONDITIONがTRUEではない場合、FALSE_VALUEは返される値です。

IF(@Current Employer@ = 0, "N/A", @Current Employer@)

使用に関する注意

IF関数は、1またはその他の列の情報に基づいて値の集を作成することができます。

CONDITIONは、TRUEまたはFALSE値のいずれかを指定する必要があります。その他の関数は、CONDITIONの一部として組み込むことができます。別のIF関数は、値の1つまたは両方として使用できます。これにより、返された値を非常にきめ細かく管理できます。ほとんどの場合、CONDITIONは演算子を含みます。この記事の比較演算子()セクションを参照してください。

IFERROR

与えられたステートメントがTRUEであるかどうかどうかによって、別の結果を指定できます。

構文

IFERROR(ARGUMENT, VALUE)

  • ARGUMENTは確認したい列です。
  • 列のセルがエラーを含む場合、VALUEは返す値です。

IFERROR(@New Column@, "N/A")

使用に関する注意

指定するVALUEsはテキスト文字列または数値、テキスト文字列または数値を含む列、またはテキスト文字列または数値を返す関数です。

エラーがない場合、セルの元の値が返されます。

NOT

TRUEまたはFALSE値となる式の結果を逆転させます。

構文

NOT(ARGUMENT)

ARGUMENTは、逆転させるTRUEまたはFALSE値です。

NOT(@Column@)

使用に関する注意

提供するARGUMENTは、TRUEまたはFALSE値、値を含む列、また値を返す関数である必要があります。

NOT関数は大文字と小文字を区別しないので、TrueTRUE、およびtrueを同じ方法で処理します。同様に、FalseFALSEおよびfalseは同じ方法で処理されます。

OR

式内の少なくとも1つの値がTRUEかどうか判断します。1つの値がTRUEである場合、TRUE値が返されます。

構文

OR(ARGUMENT_1, [ARGUMENT_2, ...])

  • ARGUMENT_1は評価したい最初の引数です。
  • ARGUMENT_2、...[オプション]は追加の列です。

OR(@Column_A@, @Column_B@, @Column_C@)

使用に関する注意

提供するARGUMENTは、TRUEまたはFALSE値、値を含む列、または値を返す関数である必要があります。

OR関数は大文字と小文字を区別しないので、TrueTRUE、およびtrueを同じ方法で処理します。同様に、FalseFALSEおよびfalseは同じ方法で処理されます。


更新しました February 22, 2022
Back to top