Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

数学的に計算された列関数

このセクションでは、Data Prep計算ツールで使用できる数学的に計算された列関数の構文および例を指定します。統計関数については、統計的な列関数を参照してください。

数値関数を使用するには、値を数値データ型として保存する必要があります。数値データ型は、ヘッダー行の数値データ型アイコンによって識別されます。数値データ型として保存されていない場合は、VALUE関数を使って数値な形式に変換します。

このセクションに一覧されている数学関数に加えて、以下の標準的な数学演算に対応しています:

  • 列を任意の数で乗算または除算します。

  • 列に任意の数を加算または除算します。

列名「Revenue」の使用例は以下の通りです。

@Revenue@ * 100

@Revenue@ / 100

@Revenue@ + 100

@Revenue@ - 100

ABS

実数のAbsolute Value (ABS)を返します。

数学式では、Absolute Valueは両側のいずれかのバーで表示されます。たとえば、xのAbsolute Valueは|x|として書き込まれます。

構文

ABS(VALUE)

VALUEは、Absolute Valueを求めたい値です。

ABS(@Column@)

使用に関する注意

提供するVALUEは、実数、実数を含む列、または実数を返す関数でなければなりません。

ABSは、指定した数値が数直線に含む、ゼロからの距離と考えることができます。ABSの場合、正と負は重要ではありません。ゼロの右側(正)またはゼロの左側(負)であるかどうかに関わらず、数値のゼロからの距離は同じ、または絶対です。数学式では、絶対値は両側のいずれかのバーで表示されます。たとえば、xのAbsolute Valueは|x|として書き込まれます。

CEILING

与えられた数値を整数に切り上げて返します。

構文

CEILING(VALUE)

VALUEは、切り上げたい値です。

CEILING(@Column A value@)

EXP

指定された値の指数を返します。

構文

EXP(NUMBER)

NUMBERは任意の実数です。

EXP(@Column A value@)

FACTORIAL

整数とその下のすべての整数の積を返します。

構文

FACTORIAL(NUMBER)

NUMBERは任意の実数です。

FACTORIAL(@Column A value@)

FLOOR

与えられた数値を切り捨てて整数にして返します。

構文

FLOOR(VALUE)

VALUEは、切り上げたい値です。

FLOOR(@Column A value@)

int

実数を、それよりLess ThanかEqual To次の整数に切り捨てます。

構文

INT(VALUE)

VALUEは、切り捨てたい実数です。

INT(@Column@)

使用に関する注意

提供するVALUEは、実数、実数を含む列、または実数を返す関数でなければなりません。

LN

数値の自然対数を返します。自然対数は、定数e(2.71828182845904)に基づいています。これは、ExcelのLN関数と同じ出力を提供します。

構文

LN(NUMBER)

NUMBERは、自然対数を求める正の実数です。

LN(@Column A value@)

LOG

指定したベースに数値の対数を返します。この関数は、ExcelのLOG関数と同じ出力を提供します。

構文

LOG(NUMBER,BASE)

  • NUMBERは、自然対数を求める正の実数です。
  • BASEは、対数の基数です。

LOG(@Column A value@,2)

LOG10

数値のベース10対数を返します。この関数は、ExcelのLOG10関数と同じ出力を提供します。

構文

LOG10(NUMBER)

NUMBERは、自然対数を求める正の実数です。

LOG10(@Column A value@)

MOD

数値を除数で割った後の余りを返します。結果は、除数と同じSignです。これは、ExcelのMOD関数と同じ出力を提供します。

構文

MOD(MUMBER,DIVISOR)

  • NUMBERは任意の実数です。
  • DIVISORは任意の実数です。

MOD(@Column A value@,3)

POWER

数値の累乗の結果を計算して返す数学/三角関数です。この関数は、ExcelのPOWER関数と同じ出力を提供します。

構文

POWER(NUMBER, POWER)

  • NUMBERは、任意の実数である基数です。
  • POWERは指数で、任意の実数であり、基数を上昇させます。

POWER(@Column A value@,3)

ROUND

数値を、指定した小数点以下の桁数に丸めることができます。

構文

ROUND(VALUE, PLACES)

  • VALUEは、丸めたい実数です。
  • PLACESは、丸める小数点以下の桁数です。

ROUND(@Column@, 2)

使用に関する注意

提供するVALUEは、実数、実数を含む列、または実数を返す関数でなければなりません。

PLACESの値は正の整数でなければなりません(負の数や含まれる10進数は不可です)。小数点以下の値は、ROUND関数では影響を受けません。

ROUNDDOWN

数値を指定した小数点以下の桁数に切り捨てます。

構文

ROUNDDOWN(VALUE, PLACES)

  • VALUEは、切り捨てたい実数です。
  • PLACESは、切り捨てを行う小数点以下の桁数です。

ROUNDDOWN(@Column@, 3)

使用に関する注意

ROUNDDOWNは、常に切り捨てられることを除けば、ROUNDと同様です。

提供するVALUEは、実数、実数を含む列、または実数を返す関数でなければなりません。

PLACESの値は、正の整数でなければなりません(負の数や小数を含んではいけません)。小数点以下の値は、ROUNDDOWN関数を使っても影響を受けません。小数点以下の桁数を指定した場合、ROUNDDOWNINT関数と同様に動作します。

ROUNDPERC

実際のパーセントの値(-100から100の間)を指定した小数点以下の桁数に丸めます。0%および±100%に近い値は、指定した小数点以下の桁数以上になり、Trueの0%および±100%の値と区別するための小数点以下の桁数はそれ以上にはなりません。

構文

ROUNDPERC(VALUE, PLACES)

  • VALUEは、丸めたい実際のパーセントの値です。
  • PLACESは、丸めるMinimum(最小)の小数点以下の桁数です。

ROUNDPERC(@Column@, 2)

使用に関する注意

提供するVALUEは、-100から100までの実際のパーセントの値、実際のパーセントの値を含む列、または実際のパーセントの値を返す関数でなければなりません。

PLACESの値は、整数(小数不可)でなければなりません。小数点以下の値は、ROUNDPERC関数を使用しても影響を受けません。

ROUNDUP

数値を指定した小数点以下の桁数に切り上げます。

構文

ROUNDUP(VALUE, PLACES)

  • VALUEは、切り上げたい実数です。
  • PLACESは、切り上げを行う小数点以下の桁数です。

ROUNDUP(@Column@, 3)

使用に関する注意

ROUNDUPは、常に切り上げを行うことを除いて、ROUNDと同様です。

提供するVALUEは、実数、実数を含む列、または実数を返す関数でなければなりません。

PLACESの値は正の整数でなければなりません(負の数や含まれる10進数は不可です)。小数点以下の値は、ROUNDUP関数を使用しても影響を受けません。

SIGN

数値のSignを決定します。 数値が正の場合は1を、0の場合はゼロ(0)を、負の場合は-1を返します。これは、ExcelのSIGN関数と同じ出力を提供します。

構文

SIGN(NUMBER)

NUMBERは任意の実数です。

SIGN(@Column A value@)

SQRT

正の平方根を返します。この関数は、ExcelのSQRT関数と同じ出力を提供します。

構文

SQRT(NUMBER)

NUMBERは、平方根を計算したい任意の正の数です。

SQRT(@Column A value@)

SUM

与えられた数値を加算します。

構文

SUM(VALUE_1, [VALUE_2, ...])

  • VALUE_1は最初の値です。
  • VALUE_2、...[オプション]は追加の値です。

SUM(@Column_A@, @Column_B@, @Column_C@)

使用に関する注意

提供するVALUEは、数値、数値を含む列、または数値を返す関数でなければなりません。


更新しました February 22, 2022
Back to top