Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

列の計算

Data Prepを使用すると、データセット内の既存の列に関数を適用して、新しい列を追加できます。

計算ツールの操作

Data Prep計算ツールにアクセスするには、プロジェクトツールバーで計算をクリックします:

ここでは、値を計算するペインの基本的な要素の概要を示します。

要素 説明
計算ツール 計算をクリックして、値を計算するペインにアクセスします。
フィールドの場合、 新しい列の名前を入力します。
[関数] メニュー サポートされている関数のリストを含む関数のメニューにアクセスするためにクリックします。詳細については、計算済み列を追加する方法サポート済み関数を参照してください。
式行 この行を使用して、新しい列の値を計算するために式を構築します。シンプルな式を入力するか、列と関数を使用して高度な式を構築します。この例では、MAX関数を示します。列タイトルは 2 つの「アット」(@)記号で囲まれています。数式エラーがある場合、式の行の下にエラーを説明するエラーメッセージが表示されます。
注意: Data Prepは大文字と小文字が区別されます。式の行に列のタイトルを入力するときは、入力の大文字または小文字と列の名前の大文字または小文字とが一致している必要があります。
計算された列 数式の結果を含む新しい列です。
タイマー タイマーには、データのプレビューが更新されるまでの秒読みが表示されます。タイマーは入力を停止すると表示され、式の入力を再開したりグリッドが更新されたりするとリセットされます。この機能は、大きな計算列式を作成にキー ストロークのたびにグリッドが更新されないようにするときに特に便利です。タイマーを無効にする場合は、新しい列フィールドの隣にある自動更新チェックボックスの選択を解除します。タイマーの代わりに更新ボタンが利用できるようになり、手動でクリックすることでグリッドを更新できるようになります。

計算されたカラムの追加方法

計算済み列をプロジェクトに追加するには、次の手順を実行します:

  1. ツールバーで計算をクリックします。

    値を計算するペインが表示されます。

  2. フィールドに新しい列の名前を入力します。

  3. 数式に関数を追加するには、次のいずれかの方法を使用します。

    • 値を計算するペインの左上にある関数アイコンをクリックし、リストから関数を選択します:

    • 式の行で、ESCキーを押して、リストから関数を選択します。

    • 式の行に、関数を入力します。

    使用可能な関数の詳細については、サポート済み関数を参照してください。

  4. 数式をかっこに列を追加するには、次のいずれかの方法を使用します。

    • [データプレビュー] から列名をクリックします。
    • 式の行で「@」と入力し、ESCキーを押して、リストから列を選択します。
    • 式の行に、2 つの@文字の間に列の名前を入力します。例: 列のタイトルが Hire Date の場合は、 @Hire_Date@ と入力します。
  5. 保存をクリックします。

    計算された値を含む新しい列はプロジェクトにコミットされます。

備考

数式エラーがある場合、ステープツールにエラーアイコン()が表示されます。この場合、レンズを作成して保存できますが、AnswerSetに公開することはできません。

構文規則

  • 演算子記号の前後には空白文字を入力します(例: 1+1ではなく、1 + 1)。
  • テキストは二重引用符で囲んでください(例:"Hello" )。

    引用符記号を文字として入力する必要がある場合は、引用符記号の前にバックスラッシュを入力します。バックスラッシュを入力するには、バックスラッシュの前にさらにバックスラッシュを入力します(バックスラッシュ文字をバックスラッシュでエスケープする必要があるからです)。 たとえば、以下のテキストを入力する場合を考えてみます:Go to "C:\windows"この場合、以下のように入力します:"Go to \"C:\\windows\""

対応している関数

対応している関数のリストを示します。関数を選択して、説明、構文、および例を表示します。

日付/時刻関数

情報関数

論理関数

数学関数

統計関数

テキスト関数

比較演算子

  • Equal To
  • Greater Than
  • Greater ThanまたはEqual To
  • Less Than
  • Less ThanまたはEqual To
  • 等しくない

詳細については演算子の比較を参照してください。

カスタム関数

組織がカスタム関数を開発して、インストールしている場合、データセット内の既存の列にカスタム関数を適用して新しい列を追加できます。詳細については、計算されたカスタ列関数を参照してください。


更新しました February 22, 2022
Back to top