Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Data Prep

DataRobot Data Prepを使用すると、機械学習用に複数のソースからデータを収集、調査、準備できます。データとその準備に使用したステップを保存して共有できます。

DataRobot Data Prepについて考えるときは、次のことを考えてください。

  • 準備するデータセットを保存するライブラリ
  • データ準備を行うプロジェクト
  • インポート、クリーンアップ、および組み合わせるデータ

このセクションでは、機械学習のためにデータをクリーニングして準備するData Prepの使い方を説明します:

トピック 説明...
Data Prepの開始 Data Prepのクイックスタートを完了し、Data Prepのライブラリプロジェクト基本を見学を行います。
データセットの操作 データセットのインポートおよびエクスポートプロファイリング、および更新などのその他のデータセットの操作を実行します。
プロジェクトツールの操作 Data Prepプロジェクトツールを使用して、データのクリーン化と整形を行います。
列データの操作 幅広い列操作を使用して列を更新します。
データソースへの接続 外部システムからデータをインポートしたり、外部システムにデータをエクスポートしたりできるように、データソース接続を設定します。
自動化と運用化 ワークフローの自動化を採用して、AnswerSetの作成にかかる反復タスクの数を減らします。
高度なトピック ClicktoPrepリンクを作成し、インタラクティブモードを使用し、Data Prepのインフラストラクチャとアプリケーションのセキュリティを理解します。

更新しました February 22, 2022
Back to top