Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

モデルパッケージのダウンロード

リモート予測環境で実行しているDataRobotモデルのモデルパッケージ(.mlpkgファイル)は、デプロイから直接、またはモデルリーダーボードを介してダウンロードできます。その後、DataRobotの外部にあるポータブル予測サーバーを使用して予測ジョブを実行できます。

デプロイのダウンロード

続行する前に、デプロイがモデルパッケージのダウンロードをサポートしていることを確認してください。デプロイには、DataRobot構築環境と外部予測環境が必要です。これらは、デプロイインベントリ内でガバナンスレンズを使用して確認できます。

デプロイを選択した後、予測 > ポータブル予測タブに移動します。このページでは、ダウンロードしたモデルパッケージをポータブル予測サーバーで使用するためのスニペットを提供します。

モデルパッケージをダウンロードをクリックします。ダウンロードが完了すると、ダウンロードがダウンロードバーに表示されます。

ダウンロードした後、提供されているコードスニペットを使用して、ダウンロードしたモデルパッケージでポータブル予測サーバーを起動できます。ポータブル予測サーバーは、モデルのパフォーマンスを監視し、予測統計を追跡します。スニペットをコピーして、APIトークン、ローカルファイル名、ファイルパスを指定します。

リーダーボードのダウンロード

本機能の提供について

リーダーボードからモデルパッケージをダウンロードできるかどうかは、組織の料金プランによって異なります。詳細については、価格の違いのドキュメントをリファレンスしてください。

AutoMLを使用してモデルを構築し、ポータブル予測サーバーで使用するためにそのモデルパッケージをダウンロードする場合は、リーダーボードのモデルに移動し、予測 > ポータブル予測タブを選択します。

このタブから、デプロイフローに関与することなく、モデルをモデルパッケージ(.mlpkg)としてダウンロードできます。これを行うには、.mlpkgのダウンロードを選択します。ダウンロードが完了すると、ダウンロードがダウンロードバーに表示されます。

ダウンロードしたら、監視を有効にしてポータブル予測サーバーを起動します。以下のコマンド例を使用できます。起動する前に、APIトークン、ローカルファイル名、パスを指定する必要があります。


更新しました February 22, 2022
Back to top