Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Snowflake UDFスコアリングコードを生成する

スコアリングコードによって、どこでもDataRobot モデルの予測を簡単に実行することができますが、その際、モデルをJava .jar ファイルにエクスポートする必要があります。Snowflakeユーザー定義された関数(UDF)を使用すると、Snowflakeで任意のJava コードを実行できます。追加のコードを書き込むことなく、SnowflakeでのUDFとしてスコアリングを使うにあたり、DataRobot がAPI をスコアリングコードに与えます。

Snowflake UDFを使用してスコアリングコードをダウンロードして実行するには、以下の必要条件を満たする必要があります。

  • デプロイ用のスコアリングコードをサポートするDataRobotモデルを準備し、そのモデルパッケージを作成します。

  • モデルで使用するSnowflake予測環境を登録します。

スコアリングコードにアクセスする

モデルパッケージおよび予測環境をDataRobotで設定した場合、モデルをデプロイしてSnowflakeで使用するスコアリングコードにアクセスできます。

  1. モデルレジストリに移動して、モデルパッケージを選択します。デプロイのタブで、[新規デプロイを作成]を選択します。

  2. フィールドをすべて入力し、必要に応じてデプロイを設定します。Snowflake UDFスコアスコアリングコードを生成するには、推論ヘッダーの下にあるSnowflake予測環境を指定します。

  3. 設定が完了したら、画面上部にある[デプロイを作成]を選択します。

  4. モデルをデプロイした後、インベントリからデプロイにアクセスし、予測 > ポータブル予測のタブに移動します。ここで、DataRobotはモデルのスコアリングコードをホストします。

  5. その他、予測結果に予測の説明を含める場合は、トグルを選択しても結構です。

  6. [ダウンロード]をクリックします。スコスコアリングコードJARファイルは、ブラウザのバーに表示されます。

  7. ダウンロードが完了したら、インストールスクリプトを設定および実行できます。このスクリプトは、.jarファイルをSnowflakeのステージにアップロードし、スコアリングコードで予測を行うためのUDFを作成します。Snowflakeウェアハウス、データベース、スキーマ、およびJARファイルのロケーション用に目的のパラメーターを使用してスクリプトテンプレートを変更します。

  8. 資格情報とスクリプトの場所を指定して、SnowSQLでスクリプトを実行します。

  9. UDFが正常に作成され、Snowflakeを使用してデータをスコアリングできるようになりました。以下にキャプチャされたスニペットは、データのロードとスコアの方法を示す例です。ただし、ユーザーはSQLでサポートされている方法でこのUDFを使用でき、データが既にSnowflakeに存在している場合、データのロードをスキップできます。

  10. データをスコアリングした後、[設定]タブで実測値をアップロードし、精度監視などの機能を有効にすることができます。

機能に関する注意事項

SnowflakeでのUDFとしてスコアリングコードを使用する際、以下のことを考慮してください。

  • KerasモデルはSnowflakeで実行できません。

  • 時系列のスコアリングコードはSnowflakeでサポートされていません。

  • Snowflakeスコアリングコード機能のリリース前に作成されたスコアリングコードJARは、Snowflakeで実行できません。


更新しました April 13, 2022
Back to top