Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

カスタムモデルやタスクのためのリモートリポジトリファイルブラウザー

本機能の提供について

The remote repository file browser for custom models and tasks is off by default. この機能を有効にする方法については、DataRobotの担当者または管理者にお問い合わせください。

Feature flag: Enable File Browser for Pulling Model or Task Files from Remote Repositories

パブリックプレビュー版の機能です。リモートリポジトリ内のフォルダーやファイルを参照して、カスタムモデルまたはタスクに追加するファイルを選択できます。 カスタムモデルワークショップにモデルを追加したり、タスクを追加したりすると、Bitbucket、GitHub、GitHub Enterprise、S3、GitLab、GitLab Enterpriseなどのさまざまなリポジトリから、そのモデルやタスクにファイルを追加できます。 DataRobotにリポジトリを追加した後、リポジトリからファイルをプルして、カスタムモデルやタスクに含めることができます。

To use the remote repository file browser:

  1. In the top navigation bar, click Model Registry.

  2. Click Custom Model Workshop, click either the Models or Tasks tab, and select a model or task from the list.

  3. Under Assemble Model or Create Estimator (in the Tasks tab), click Select remote repository.

    備考

    If the Model or Estimator group box (in the Tasks tab) is empty, select a Base Environment for the model or task.

  4. In the Select a remote repository dialog box, select a repository in the list and click Select content.

  5. In the Pull from GitHub repository dialog box, select the checkbox for any files or folders you want to pull into the custom model.

    また、すべて選択をクリックすると、リポジトリ内のすべてのファイルを選択できます。1つまたは複数のファイルを選択した後、すべての選択を解除をクリックすると、選択したファイルがクリアされます。

    備考

    This step uses GitHub as an example; however, the process is the same for each repository type.

    ヒント

    You can see how many files you have selected at the bottom of the dialog box (e.g., + 4 files will be added).

  6. Once you select each file you want to pull into the custom model, click Pull.

    The added files appear under the Model header as part of the custom model.


更新しました December 21, 2022
Back to top