Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

DataRobotのサーバーレス予測環境でのリアルタイム予測

本機能の提供について

DataRobotサーバーレス予測環境のリアルタイム予測は、デフォルトではオフになっています。 この機能を有効にする方法については、DataRobotの担当者または管理者にお問い合わせください。

機能フラグ: K8s予測環境でリアルタイム(インタラクティブ)予測を有効にする、K8s予測環境でリアルタイムのGenAI予測を有効にする

プレビュー版の機能です。DataRobotでサーバーレス予測環境を作成し、変更可能なコンピューティングインスタンス設定を使用して、Kubernetesでスケーラブルなリアルタイム予測を行うことができます。

DataRobotサーバーレス予測環境を作成

Kubernetesでリアルタイム予測を行うためのDataRobotサーバーレス予測環境を作成するには:

  1. デプロイ > 予測環境をクリックし、+ 予測環境を追加をクリックします。

  2. 予測環境を追加ダイアログボックスで、次のフィールドに入力します。

    フィールド 説明
    名前 わかりやすい予測環境名を入力します。
    説明 (オプション)外部予測環境の説明を入力します。
    プラットフォーム DataRobot Serverlessを選択します。
  3. 環境設定を行ったら、環境を追加をクリックします。

これで、予測環境ページから環境を利用できるようになりました。

モデルをDataRobotサーバーレス予測環境にデプロイする

モデルをDataRobotサーバーレス予測環境にデプロイするには:

  1. プラットフォーム行の予測環境ページで、DataRobotサーバーレス予測環境を見つけ、モデルをデプロイする環境をクリックします。

  2. 詳細タブの使用状況の下のデプロイ列で、+ 新規デプロイを追加をクリックします。

  3. レジストリからモデルバージョンを選択ダイアログボックスで、デプロイするモデル名を検索ボックスに入力し、モデルをクリックしてから、デプロイする DataRobot モデルのバージョンをクリックします。

  4. モデルのバージョンを選択をクリックして デプロイ設定を行い高度なオプションを表示をクリックし、高度な予測設定までスクロールダウンして、リアルタイムの予測を有効にするをクリックし、次のオプションを設定します。

    フィールド 説明
    最小コンピューティングインスタンス数 最小値を1から8までの数値に設定します。
    最大コンピューティングインスタンス数 最大値を現在の最小値から8までの数値に設定します。 コンピューティングリソースの使用を制限するには、最大値を最小値と同じに設定します。

    コンピューティングインスタンスの設定を更新する

    デプロイ後にモデルで使用できるコンピューティングインスタンスの数を更新する必要がある場合、 予測設定タブでこれらの設定を変更できます。

  5. モデルをデプロイをクリックします。

    コンピューティングリソースの可用性によっては、予測環境をリアルタイム予測で使用できるようになるには、デプロイ後数分かかることがあります。

代替のデプロイ方法

予測環境ページからデプロイしたくない場合、 リーダーボードまたは モデルレジストリからモデルをデプロイすることができます。これを行うには、 デプロイ設定時に高度な設定を開き、リアルタイムの予測を有効にするをクリックします。

リアルタイム予測

DataRobotサーバーレス予測環境でリアルタイム予測を行うには:

  1. デプロイインベントリで、DataRobotサーバーレス環境に関連付けられたデプロイを見つけて開きます。 これを行うには、 フィルターをクリックし、DataRobotサーバーレスを選択して、フィルターを適用をクリックします。

  2. DataRobotサーバーレス予測環境に関連付けられたデプロイで、予測 > 予測APIをクリックします。

  3. 予測APIスクリプトコードページの予測タイプで、リアルタイムをクリックします。

  4. 言語で、PythonまたはcURLを選択し、オプションでシークレットを表示を有効にして、スクリプトをクリップボードにコピーをクリックします。

  5. PythonまたはcURLスニペットを実行して、DataRobotサーバーレスデプロイに予測リクエストを行います。


更新しました May 16, 2024