Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

アプリケーションを使用する

現在のアプリケーションページで、起動したいアプリケーションの横にある開くをクリックします。使用ページでは、アプリをエンドユーザーと共有する前に、さまざまなアプリケーション設定をテストできます。

備考

エンドユーザーは、DataRobotアカウントにサインインするか、またはDataRobot以外のユーザーと共有できるリンクを介してアプリケーションへアクセスする必要があります。

  ウィジェット 説明
行の追加 AIカタログまたはローカルファイルからバッチ予測をアップロードしたり、新しい行を追加をクリックして単一のレコード予測を作成します。
すべての行 予測の履歴を表示します。そのエントリーの予測結果を表示する行を選択します。
ページ アプリケーションページ間で移動します。
共有 DataRobot内のユーザー、グループ、または組織とアプリケーションを共有します。

バッチ予測

ホームページから複数の予測リクエストを一度に実行するには、ファイルを選択するか、ファイルをボックスにドラッグします。

新しいファイルを追加した後、アプリケーションは予測を処理し、ホームページにあるすべての行ウィジェットにそれらを表示します。レコードをクリックすると、予測結果が表示されます。

単一レコードの予測

新しい予測を行うには、新しい行を追加をクリックして、作成ページへ移行します。

新しい行を追加ウィジェットには、予測を行うときに使用できる特徴量が表示されます。目的の特徴量フィールドに入力して、追加をクリックします。フィールドを空白のままにすると、予測結果ページの特徴量フィールドに N/A と表示されます。特徴量フィールドを追加または削除するには、構築をクリックして、作成ページへ移動します。

追加をクリックします。DataRobotがリクエストを完了した後、予測結果ページが開きます。

予測結果

予測結果ページは、個々の予測に対して入力された値に基づいた予測情報とインサイトを表示します。このページは、新しい予測を行った後に自動的に開きますが、すべての行ウィジェットで行を選択して予測結果を表示することもできます。

一般情報ウィジェットには、予測を行うために入力された値が表示され、予測情報ウィジェットには、予測を行うために入力された値と予測の説明が表示されます。特徴量フィールドを追加または削除するには、構築をクリックして、1行ページへ移動します。

予測の説明

予測の説明ウィジェットでは、予測結果のチャートと、モデル内の特徴量が予測にどのように影響するかの定性測定である予測説明の表が表示されます。

要素
パーセンテージとして表示された値に基づく予測値。
アプリケーションのデプロイ元のデータセットにより定められた予測分類の基準。
上位10個の予測説明を表示する表。

備考

予測を行う前に、モデルの予測説明を計算する必要があります。

What-Ifと最適化

What-ifと最適化ウィジェットは、さまざまなシナリオをチャートまたはテーブルビューで表示します。このウィジェット設定方法についてはアプリケーションの構築に関するドキュメントを参照してください。

  説明
シナリオを追加ペインを開きます。
実測のシナリオ、最適なシナリオ、手動で追加されたすべてのシナリオのみを表示します。
予測のインサイトをチャートまたはテーブルビューで表示します。
ウィジェットに新しいシナリオを追加します。
x軸とy軸の特徴量を選択します。

ヒント

手動追加、最適、実測のシナリオのみを表示をチェックすると、シミュレーションをより簡単に見つけることができます。

シミュレーションの作成

What-if機能が有効な場合、ウィジェットの表示にシナリオを手動で追加できます。

シミュレーションを作成するには、シナリオを追加をクリックします。

構築ページで選択した各特徴量の値を入力します。各特徴量の値を入力したら、追加をクリックします。DataRobot予測サーバーへの予測リクエストがトリガーされ、ターゲット特徴量の予測値が返されます。

チャートのポイント(データポイント)を選択すると、選択したシナリオの予測結果と特徴量値が表示される右側のペインが開きます。予測リクエストに予測の説明がある場合は、同じペインの予測説明タブに表示されます。

新しい値で特徴量の入力を更新してこのプロセスを繰り返すことで、予測を行い続けることができます。いくつかの予測を作成した後、表の表示をクリックします。この表示では、並べて比較するシナリオをドラッグアンドドロップすることができます。

最適化シミュレーションの結果

最適化機能を有効にすると、チャートには最適なシナリオのほか、ウィジェットの設定に追加された操作可能な特徴量に基づく異なる結果が表示されます。

DataRobotでシミュレーションの実行が完了すると、結果がチャートに入力されます。Y軸はターゲット特徴量の値を測定し、X軸はシミュレーションの反復を示します。グラフの各ポイントは、実行した各シミュレーションの予測値を表します。

オレンジ色のデータポイントは予測を、緑色のデータポイントは最適なシナリオを表しています。ターゲットの最適な結果(設定に応じて最小または最大の値)が最も頻繁に生成された特徴量の値を表します。選択した値は特定の反復のために選択した値で、各反復で選択した値とアプリにより決定された最適な値を比較することができます。


更新しました February 22, 2022
Back to top