Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

予測アプリ(使用非推奨)

予測アプリは、サポートされているDataRobotモデルを使用してターゲット特徴量を予測します。このアプリには、従来のDataRobotの予測方法に対して、以下の2つのキーとなるメリットがあります。

  • APIを呼び出す代わりに、独自のインターフェイスでデータを提供できます。

  • 組織内で一意のDataRobotライセンスを持たないユーザーとアプリケーションを共有できます。

このアプリを使用すると、アプリを作成し、デプロイしたときに提供した情報に基づき予測できます。または、DataRobotのバッチ予測機能と同様に、情報のコレクションと一緒にファイルをアップロードして、一度に複数の予測を生成できます。

単一レコードの予測

アプリで単一の予測を開始するには、アプリケーションギャラリーからアプリを開きます。

アプリのホームページからレコードの作成を選択します。

表示されたフィールドに情報を入力して予測を開始します。

レコードに名前を付けて、説明(必要に応じて)を入力し、アプリケーションのデプロイに使用したデータセットから特徴量の値を入力します。または、平均値を使用を選択し、データセットから平均値をフィールドに自動入力します。

データセットに10以上の特徴量がある場合は、ページ下部のさらに表示を選択して、追加フィールドのデータを表示します。

すべてのフィールドに入力したら、ページ下部にある予測の取得を選択します。

予測結果の解釈

設定に基づき、アプリケーションの結果ページに予測が表示されます。

  • パーセンテージとして表示された値に基づく予測値(1)。
  • 低、通常、または高として分類された予測(2)。
  • アプリケーションのデプロイ元のデータセットにより定められた予測分類の基準(3、4)。

予測結果の下は、予測の説明です。

要するに、予測の説明とは、モデル内の特徴量が予測にどのように影響するかを示す質的尺度です。

改訂値による予測

予測結果を検証した後、特徴量の入力データを変更して予測がどのように変化するかを確認する場合、または間違って入力したデータを修正する場合は、結果ページから行います。予測説明の下に表示されるフィールドは編集できます。

予測説明に使用されるフィールド値はデフォルトでグレーアウトされます。これらのフィールドを変更すると黒に変わり、値が新しくなったことが示されます。

フィールドを変更すると、予測結果に更新ボタンが追加されます。そのボタンをクリックすると、別の予測リクエストがキューに入れられます。

リクエストが完了したら、更新された予測結果で元の結果が置き換えられます。

新しい予測記録

既存の予測結果を上書きする代わりに、最初の結果と比較するためのレコードを新たに作成できます。

追加予測を生成するには、ページ上部の新しいレコードを選択します。

最初の予測を作成したときと同様にフィールドにデータを入力します。以前に使用した値を使用を選択すると、前のレコードに入力した値がフィールドに自動入力されます。

フィールドに入力したら、予測を取得するをクリックします。

結果が入力されたら、チャート上部にある矢印を使用して、各予測を切り替えて結果を比較できます。

生成された予測レコードの要約リストを表示するには、左上のメニューアイコンをクリックします。ページのすべてのレコード見出しに、結果が表示されます。

すべてのレコードの予測結果の結果をダウンロードするには、ダウンロードをクリックします(1)。使用しなくなったレコードを削除するには、そのチェックボックスを選択し、削除をクリックします(2)。

バッチ予測

予測アプリでは、複数の予測リクエストを一度に作成することもできます。

その場合は、アプリのホームページに戻ります。レコードの作成を選択する代わりに、コンピューターをブラウズするを選択するか、またはファイルをボックスにドラッグします。

備考

新しいファイルを追加すると、アプリケーションは予測を処理し、レコードページに追加レコードが入力されます。

レコードをクリックすると、予測結果が表示されます。結果チャートの上部にある矢印を使用して、各レコードの結果をナビゲートします。


更新しました April 15, 2022
Back to top