Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Eureqaモデルの高度なチューニング

Eureqaモデルは、式を使用して数学的関係性および変換を表します。構築ブロックの変更、ターゲット式のカスタマイズおよびその他のモデルパラメーター(構築ブロックのサポート、誤差指標、行の加重、データ分割など)を変更することによって、Eureqaモデルをチューニングできます。Eureqaモデルをカスタマイズするには、リーダーボードからモデルを選択して、[評価] > [高度なチューニング]をクリックします。

次のセクションでは、Eureqaモデルをチューニングするための特殊なワークフローについて詳しく説明します。

トピック 説明...
Eureqaモデルのチューニング 高度なチューニングパラメーターを変更してEureqaモデルをカスタマイズします。
構築ブロックの設定 複数の構成ブロックを組み合わせて設定し、新しいターゲット式を作成できます。
構築ブロックリファレンス Eureqaモデルで使用可能な構築ブロックの定義および使用方法
ターゲット式のカスタマイズ ターゲット式を変更して、Eureqaモデルをカスタムチューニングします。
エラー指標の設定 別の誤差指標を最適化します。
誤差指標を使用する際のガイダンス さまざまな問題タイプの上位のエラー指標を理解します。
行の加重の設定 加重を使用してモデルのパフォーマンスを向上させます。

更新しました February 22, 2022
Back to top