Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

AWS LambdaでのDataRobot Primeモデルの使用

このページでは、DataRobot Primeモデル機能を使用してDataRobotモデルをダウンロードし、AWS Lambdaを使用してデプロイする方法について概説します。

DataRobot Primeは、ほとんどのDataRobotモデルで開始でき、DataRobotモデルの近似値をPythonまたはJavaモジュールとしてダウンロードできます。 その後、コードはDataRobotアプリケーションに依存せず、どの環境にも簡単にデプロイできます。 このワークフローに進む前に、DataRobot PrimeモデルをJavaモジュールとしてダウンロードしてください。

AWS Lambdaにデプロイする理由

DataRobotでは、プラットフォームに完全に統合されたスケーラブルな予測サーバーを提供しますが、AWS Lambda上でのデプロイを行う理由がいくつかあります。

  • 会社の方針またはガバナンス上の判断。

  • サーバーレスアーキテクチャ。

  • コストの削減。

  • DataRobotモデルの上のカスタム機能。

  • DataRobot APIと通信できないシステムにモデルを統合する機能。

セットアップ

以下の手順に従って、この例の設定を完了します。

  1. Javaファイルの名前をPrediction.javaに変更します。

  2. 選択したIDEでプロジェクト「lambda_prime_example」を作成します。

  3. Prediction.javaをプロジェクトにコピーします。

  4. mvn packageコマンドを使用してパッケージをコンパイルします。

  5. 関数を作成をクリックして、新しいAWS関数を作成します。

  6. Java11を選択してLambdaを作成します。

  7. 関数に名前を付けて、権限を選択します。

  8. コンパイルしたJARファイルをLambdaにアップロードします。

  9. LambdaハンドラーをJavaパッケージメソッド名に変更します。

    com.datarobot.examples.scoring.prime.PrimeLambdaExample::handleRequest 
    

設定が完了しました。 次に、テストを実行して、デプロイが意図したとおりに機能していることを確認します。

Lambda関数のテスト

Lambda関数をテストするには:

  1. TESTイベント設定ページに移動します。

  2. 特徴量を含むJSONをテストイベントとして配置します。

  3. テストボタンをクリックしてください。

データがLambda関数に送信され、結果が返されるように、AWS API Gatewayや他のサービスとの統合を設定できるようになりました。


更新しました December 21, 2022
Back to top