Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

バージョン8.0.3

2022年5月19日

DataRobot v8.0.3のリリースでは、DataRobotオンプレミスプラットフォームのいくつかの問題が修正されました。以下については、v8.0.0のリリースノートをご覧ください:

v8.0.3で修正された問題

リリース8.0.2以降、以下の問題が修正されています。

プラットフォーム

  • EPS-412:エンタープライズインストーラーのサンプル設定ファイル(multi-node-ha.yaml)には、appsinternalapiサービスと共にinternalnginxサービスが含まれるようになりました。

  • PLT-6734:ロールおよびグループメンバーシップのSAMLアサーションを、単一の属性値の区切り文字で区切られたリストで提供できるようになりました。

  • PY3-3953:プロジェクトのライフサイクル移行により、アップグレード後に実行されるバックグラウンドプロセス中にPython 2を使用非推奨としてマークできるようになりました。

  • PY3-3957:Pythonバージョンフィールドがユーザーアクティビティモニターレポートに追加されました。ここでは、UI、API、およびエクスポートされたCSVデータのアプリの使用状況と予測の使用状況を確認できます。

  • UIUX-9414:使用非推奨のプロジェクトバナーを閉じることができるようになりました。閉じるボタンをクリックすると、関連するプロジェクトIDがローカルストレージに保持されます。ブラウザーのローカルストレージをクリアするまで、バナーは二度と表示されません。

予測

  • PRED-2620:マルチプロセッシングバッチ予測のレイテンシーを増加させる可能性のある予測パフォーマンスの問題を修正しました。

  • PRED-7418:パススルー列にデプロイの関連付けIDと同じ名前の特徴量が含まれている場合に、スキーマ内の重複列のためにJDBC書き込みがブロックされる問題を修正しました。


更新しました September 29, 2022
Back to top