Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

バージョン8.0.7

2022年9月30日

DataRobot v8.0.7リリースでは、DataRobotオンプレミスプラットフォームのいくつかの問題が修正されています。以下については、v8.0.0リリースノートをご覧ください。

以下の問題に加えて、DataRobotはいくつかの未解決のセキュリティ問題にも対処しました。このリリース/アップデートは、DataRobotの製品およびプラットフォームのセキュリティを確保するための継続的な取り組みの一環です。

v8.0.7で修正された問題

リリースv8.0.6以降、以下の問題が修正されています。

データ管理

  • DM-7142とDM-7143:AIカタログでベースとなるElasticSearchエンジンを7.17.4にアップグレードしました。

MLOps

  • MMM-10127:履歴の長いデプロイで、チャレンジャーモデルの再生のパフォーマンスが向上しました。
  • MMM-10621:DataRobotのインストール環境が同一であるモデルパッケージが、別の環境からのものとして報告される問題を修正しました。
  • MMM-10797:MLOpでしきい値が設定された精度指標が正しく計算されない問題について、その原因を修正しました。
  • RAPTOR-8567:インターネットに接続されていない状態でカスタム推論モデルのインサイトを実行した際の問題を修正しました。

予測

  • PRED-7854:CDH 5とCDH 6では、DataRobotにバンドルされていたSpark 2.4.5を削除し、システム提供のSparkを採用しました。

時系列

  • TIME-11677:1,000系列未満のプロジェクトで系列を読み込んだ場合、モデリング時の並べ替えをスキップします。
  • TIME-11684:時系列デプロイで予測範囲を設定した予測において、予測の説明の計算に問題がありましたが、これを修正しました。
  • TIME-11782:indexという名前の複数系列ID列を持つ複数系列データセットで、特徴量の派生に問題がありましたが、これを修正しました。

記載されている製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。それらの名称の使用は、それらとの提携やそれらによる推奨を意味するものではありません


更新しました September 29, 2022
Back to top