Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

バージョン 7.0.3

2021年12月21日

DataRobot v7.0.3リリースでは、DataRobotオンプレミスプラットフォームのいくつかの問題が以下の通り修正されています。以下については、v7.0.0リリースノートをご覧ください:

v7.0.3で修正された問題

以下の問題がエンタープライズリリース v7.0.2以降に修正されています:

エンタープライズ

  • EP-1062: HTTPSプロキシ配下にあるAWS Cloudwatchに接続する際に、Botoライブラリ内のPython3非互換により発生する問題を解消しました。
  • EP-1345: DBマイグレーション時にKeyErrorが発生する原因となる問題を修正しました。
  • EP-2133: スコアリングコードのビルドプラグインを更新し、脆弱性のあるlog4jバージョンが含まれないようにしました。

プラットフォーム

  • PLT-3709: オンプレミスにおいてENABLE_DATA_ENGINE_ON_K8S 機能フラグが開発者UI機能フラグカテゴリーに表示されないようにしました。
  • PLT-3812: 委任がオフにならない問題を修正しました。

カスタムモデル

  • RAPTOR-5240: カスタムモデルの依存関係管理で、ピリオド (".") を含む Python パッケージ名のパースに失敗する問題を修正しました。
  • RAPTOR-5955: カスタムモデルワークショップでベース環境を変更すると、従来は空のモデルコンテンツを含む新しいマイナーバージョンが作成されていましたが、以前のバージョンのコンテンツが適切に保持されるようになりました。
  • RAPTOR-6069: カスタムモデルのGitHub連携で、自己署名証明書の検証時にSSLハンドシェイクエラーが発生する問題を修正しました。

信頼と説明性

  • TED-2688: モデルの予測しきい値に依存しない公平性メトリックを使用した場合、バイアス対精度のページがロードされない問題を修正しました。
  • XAI-4106: v2予測Public APIレスポンスの shapBaseValue フィールドのフォーマットを修正し、他のAPIやドキュメントに対応するスカラーフロート値となるようにしました。
  • XAI-4238: DataRobotバージョン5.2.2で構築されたSHAP説明文を持つ特定のモデルを、バージョン6.3にアップグレードした後に読み込むと失敗する問題を修正しました。

時系列

  • TIME-8745: COMPUTE_TIMESERIES_AOT_THRESHOLD が環境変数から設定できるようになりました。

更新しました February 23, 2022
Back to top