Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

バージョン7.2.1

2021年9月19日

DataRobot v7.2.1リリースでは、DataRobotオンプレミスプラットフォームのいくつかの問題が修正されています。以下については、v7.2.0のリリースノートをご覧ください:

v7.2.1で修正された問題

以下の問題がエンタープライズリリース v7.2.0以降に修正されています:

エンタープライズ

  • EP-1724:レプリカセット(RS)の初期設定時にmongoからキックアウトしてしまうmongo-watchの問題を修正しました。
  • EP-1307:サポートされている新しいインストールに対して適切に有効化できるよう、クラスターのインストールに対する設定例PYTHON3_SERVICESでコメントしました。

プラットフォーム

  • PLT-4386:以下のスクリプトが追加されました。./sbin/datarobot-manage-queueこのスクリプトを使用すれば、エンタープライズ環境でデータベースをバックアップおよびリストアした後に、スタックしたジョブを復旧させることができます。

MLOps

  • RAPTOR-6334:APIでの実行環境バージョンの応答で、環境バージョンのダウンロード可能なアーティファクトにNULL以外のリンクのみが含まれる問題を修正しました。
  • RAPTOR-6267:7.1から7.2へのアップグレードで、ストレージの抽象化が利用できないのにデータベースの移行が適用される問題を修正しました。

更新しました February 22, 2022
Back to top