Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

バージョン2021.2の補足

2021.2 Data Prep リリースノートの更新内容は以下の通りです。

2021.2 SP1

日付: 2021年11月18日 Data Prepのバージョン:2021.2.1.1.1846

SP1の新機能

本サービスパックでは、以下の項目に加えて、パフォーマンスと安定性に関するいくつかの改善が行われています。

  • サーバー管理者は、ガードレールを使用してData Prep Paxataからインポートできるファイルタイプをホワイトリスト化することができます。

SP1で解決済み

  • APFの年間スケジュールのドロップダウンに月がありませんでした。これは解決されました。元の問題は、JIRAチケット:DATAPREP-4613の元でレポートされました。
  • 特定の画面の問題解決でMSA契約に同意ボタンが欠けていました。これは解決されました。元の問題は、JIRAチケット:DATAPREP-4498の元でレポートされました。
  • Data Prep PredictToolの日時パーティション列に日付形式の検出が追加されました。元の問題は、JIRAチケット:DATAPREP-2516の元でレポートされました。
  • DataData Prep PredictToolに追加された時系列異常デプロイのサポート。元の問題は、JIRAチケット:DATAPREP-2529の元でレポートされました。
  • 時間認識プロジェクトから生成されるDataRobotモデルには関連する日付形式が含まれ、日付列はすべて予測される形式に変換されます。元の問題は、JIRAチケット:DATAPREP-4624でレポートされました。
  • Unique Nameオプションを使用してMicrostrategyコネクターに書き出したデータの中に、不正な日付形式が含まれていました。これは、ツールチップ(FILENAME_yyMMddmmssS)と一致するようになりました。元の問題は、JIRAチケット:DATAPREP-4152でレポートされました。
  • データセットのインポート中にライブラリリストにエラーが表示される場合がありました。これは修正済みです。元の問題は、JIRAチケット:DATAPREP-3880でレポートされました。

更新しました February 22, 2022
Back to top