Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

ユーザーを完全に削除

本機能の提供について

パブリックプレビュー機能として提供されているユーザーを完全に削除する機能は、デフォルトではオフになっています。この機能を有効にする方法については、DataRobotの担当者または管理者にお問い合わせください。

機能フラグ:ユーザーの完全削除を有効にする

管理者は、DataRobotプラットフォームのインターフェイス(これまではスクリプトを使用してのみ可能)を通じて、DataRobotユーザーと、そのユーザーが所有するプロジェクトやデプロイを完全に削除することができるようになりました。

ユーザーを削除すると、そのユーザーが所有するプロジェクトまたはデプロイも削除されます。ただし、アセットがオーナーのいない(孤立した)状態にされたが、他のユーザーがそれにアクセスして 読み取り または 書き込み を行えるアセットに関しては、DataRobotは新しいオーナーを割り当てるオプションを提供します。

ユーザーの削除がスケジュールされると、DataRobotはリクエストを分析してユーザー削除のプレビューを生成し、何人のユーザーとアセットが削除されるかを確認する機会を提供します。 DataRobotで指定ユーザーを削除する前に、ユーザー削除レポートを確認し、情報が正しいことを確認する必要があります。

削除されたユーザーは、システムから直ちには削除されません。代わりに、削除されたユーザーは削除対象としてマークされてグレーアウトされ、管理者はこれらのユーザーを見ることができますが、アクティブ化はできません。

削除対象としてスケジュールされた状態

備考

アカウントの削除中にエラーが発生し、24時間以内に解決されない場合、DataRobotは、そのユーザーアカウントを再度アクティブにします。

ユーザーの削除

ユーザーの削除は、ユーザー全員のリストを表示するユーザータブ、または組織を選択してそのメンバーリストを表示できる組織タブで行うことができます。

備考

アクティブなDataRobotユーザーを削除することはできません。ユーザーのステータスを変更するには、非アクティブにしたいユーザーを選択し、メニューをクリックして、ユーザーを無効化するを選択します。

  1. ユーザー設定 > ユーザーに移動します。

  2. 削除する各ユーザーの横にあるボックスを選択し、メニュー > 選択項目を削除をクリックします。

    ユーザーリストからの削除

特定のユーザーを選択し、そのユーザーのプロフィールの下部にある ユーザーを削除をクリックすることもできます。

ユーザープロファイルからの削除

  1. ユーザー設定 > 組織に移動し、組織を選択します。

  2. 削除する各ユーザーの横にあるボックスを選択し、メニュー > 選択項目を削除をクリックします。

    組織メンバーの削除

ユーザーアセットを処理する設定

ユーザーアセットの処理を設定するウィンドウでは、削除後のユーザーのアセットの処理方法を決定できます。

ユーザーアセット処理ウィンドウ

このウィンドウでは、次の事を実行できます。

オプション 説明
孤立したプロジェクトとデプロイの新しいオーナー プロジェクトまたはデプロイの唯一のオーナーを削除する場合で、その他のユーザーがそのアセットへの 読み取り または 書き込み のアクセス権を持っている場合に、そのアセットに新しいオーナーを割り当てることができます。
削除されたユーザーがアクセスできるプロジェクトを強制的に削除する 選択すると、読み取り書き込み、または オーナー のアクセス権を持つ他のユーザーがいるプロジェクトを含めて、ユーザーが オーナー のアクセス権を持っているすべてのプロジェクトが削除されます。
削除されたユーザーがアクセスできるデプロイを強制的に削除する 選択すると、他のユーザーが 読み取り書き込み、または オーナー のアクセス権を持っているデプロイを含めて、ユーザーが オーナー のアクセス権を持っているすべてのデプロイが削除されます。
ユーザーアセット処理の例

シナリオ:user1を削除します。

  • user1は、2つのプロジェクトp1およびp2に対して オーナー のアクセス権を持っています

    • user2も、p2に対してオーナーのアクセス権を持っています
  • user1は、3つのデプロイd1d2、およびd3に対して オーナー のアクセス権を持っています

    • user2d2に対して オーナー のアクセス権を持っています
    • user3user4d3に対して 読み取り アクセス権を持っています

以下の表では、ユーザーアセットの処理を設定するウィンドウの各オプションによってこれらのアセットがDataRobotでどのように処理されるかを説明します。

新オーナーの割り当て プロジェクトの強制削除 デプロイの強制削除 結果
エラー: user3とuser4には読み取りアクセス権しかないため、d3は削除できません。何も削除されません。
エラー: user3とuser4には読み取りアクセス権しかないため、d3は削除できません。何も削除されません。
削除:d1、d2(強制)、d3(強制)、p1、user1
削除されません:p2(既存オーナー)
削除:d1、d2(強制)、d3(強制)、p1、p2(強制)、user1
削除:d1、p1、user1
削除されません:d2(既存オーナー)、d3(新規オーナー)、P1(既存オーナー)
削除:d1、p1、p2(強制)、user1
削除されません:d2(既存オーナー)、d3(新規オーナー)
削除:d1、d2(強制)、d3(強制)、p1、p2(強制)、user1
削除されません:p2(既存オーナー)
削除:d1、d2(強制)、d3(強制)p1、p2(強制)、user1

選択を終了したときに、続けるをクリックします。DataRobotでは、削除リクエストの分析が開始され、ユーザー削除プレビューが作成されます。

通知

ユーザー削除分析が開始されると、通知がページの上部に表示されます。

ユーザー削除通知

ユーザー削除分析の進捗を監視して、通知センターでユーザー削除プレビューを開くことができます

  1. アイコンをクリックして、通知を表示を選択します。

  2. ユーザー削除プレビューを表示してレポートをダウンロードするには、ユーザー削除分析の通知をクリックします。

ユーザー削除分析のステータスに関係なくプレビューを見ることができますが、ステータスによってプレビューやレポートに表示される情報の量が変わります。

ユーザー削除プレビュー

ユーザー削除のプレビューでは、ユーザーが削除されたときに何が起こるのか、何人のユーザー、プロジェクト、デプロイが削除できるのか、できないのか、といったハイレベルの概要が表示されます。ユーザーアセットの処理を設定するウィンドウで新しいオーナーを割り当てた場合、プレビューにはEメールアドレスと、割り当てられるアセットの数が含まれます。

ユーザー削除プレビュー

プレビュー上部に表示されるメッセージには、ユーザー削除プレビューのステータスが反映されます。次の表は、各メッセージを示します。

メッセージ 説明
DataRobotは、削除対象として選択されたユーザーの分析を完了しました 削除分析が完了します。ユーザー削除を進める前に、ユーザー削除プレビューを確認してください。
選択したユーザーの削除が完了していません プレビューに表示される結果は不完全で、分析の進行と同時に更新されています。管理者は、不完全な拡張サマリーレポートをダウンロードできますが、削除分析が完了し管理者が削除をクリックするまでユーザーは削除されません。
DataRobotは、削除対象として選択されたユーザーを分析できませんでした 削除分析に失敗しました。詳細については、拡張プレビューレポートをダウンロードします。

削除対象として選択されたユーザーをDataRobotが分析した後、完全なユーザー削除プレビューとレポートを確認します。ユーザー削除を完了するには、レポートをレビューしたことを確認するボックスを選択し、削除をクリックします

ユーザー削除のサマリー

ユーザー削除後、通知センターを開き、通知をクリックすることによりユーザー削除サマリーにアクセスできます。

ユーザー削除プレビューとは異なり、これは、削除された、または削除されなかったユーザー数、プロジェクト数、デプロイ数など、ユーザー削除時に起こったことに関するハイレベルな概要です。ユーザーアセット処理ウィンドウで新しいオーナーを割り当てた場合、サマリーには彼らのEメールアドレスと、彼らに割り当てられたアセットの数が含まれます。

ユーザー削除のサマリー

プレビュー上部に表示されるメッセージには、ユーザー削除のステータスが反映されます。次の表は、各メッセージを示します。

メッセージ 説明
選択されたユーザーは、正常に削除されました。 削除が完了しました。削除されたユーザーとアセットの完全なリストについては、レポートをダウンロードして確認してください。
選択したユーザーの削除が完了していません サマリーに表示される結果は不完全で、削除の進行と同時に更新されています。管理者は、不完全な拡張サマリーレポートをダウンロードできます。
リクエストされた削除が完全には成功しませんでした ユーザー削除に失敗しました。詳細については、拡張サマリーレポートをダウンロードしてください。

DataRobotがユーザーを削除した後、完全なユーザー削除サマリーおよびレポートを確認してください。


更新しました February 22, 2022
Back to top